スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
殺しのドレス(DRESSED TO KILL)
2007年09月30日 (日) | 編集 |
DRESSED TO KILL ■殺しのドレス(DRESSED TO KILL)
 ■製作 : 1980年/アメリカ
 ■監督 : ブライアン・デ・パルマ
 ■出演 : マイケル・ケイン/アンジー・ディキンソン/ナンシー・アレン/
 キース・ゴードン/デニス・フランツ
 ■面白度 : ★★★★
 ■場所 : 自宅(GyaO)

■あらすじ
夫との性生活に不満を抱えるケイトは、エリオット博士のカウンセラーを受けたあと、
ひとり美術館に寄る。
美術館で視線が合った男に誘われるがまま、男のアパートで情事を楽しむケイト。
だが、帰りがけのエレベーターでケイトは、カミソリをもった何者かに襲われて…。

■感想?
こ、怖い。
なんとなーく観たのに、ハマってしまった。
ヒッチ・コックの真似なの?
それでも良いよ、十分、恐かったもん。

アンジー・ディキンソンのメイクも怖いけど。
(冒頭のシャワーシーンは、妖怪ババアかと思った)
って言うか、身体が綺麗すぎて、ギャップが・・・。

当分一人でエレベーターに乗りたくないし、
鏡に誰かが映るのも遠慮して欲しい。

30年近く昔の作品なに、たっぷりドキドキできる1本。


スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。