スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイ・ボディガード(Man on Fire)
2004年09月19日 (日) | 編集 |
Man on Fire ■マイ・ボディガード(Man on Fire)
 ■製作 : 2004年/アメリカ
 ■監督 : トニー・スコット
 ■出演 : デンゼル・ワシントン/ダコタ・ファニング/
 ■面白度 : ★★☆(2.5)
 ■場所 : 機内(イギリス→日本)


■あらすじ
元CIAの特殊部隊員ジョン・クリーシー。
彼はこれまで、米軍の対テロ部隊に所属して16年に渡り暗殺の仕事を続けてきた。
そのためか心を閉ざし、生きる希望を見失っている。
そんなクリーシーはある日、メキシコで護衛の仕事をしている部隊の先輩レイバーンから
新しい仕事を請け負うことに。
それは、誘拐事件が多発するメキシコ・シティに住む実業家の9歳になる娘ピタの
“ボディガード”だった。
さすがに始めはこの仕事に乗り気でなかったクリーシーも、
ピタの無邪気な笑顔や素直なやさしさに触れるうちに心洗われていくのだが…。

■感想?
イギリスからの帰路に機内上映で観ました。
デンゼルとダコタの映画で、観たいと思ってたからラッキー♪
な~んて思っていたのは最初だけ。

なんぢゃ、こりゃ?状態。
ラストって、こんなんで良いの??本当に?
勿論、このラストの方が、リアルな流れなんだろうケド、
映画なら生き残ってくれても良いんぢゃないの?っていうか。
あっけないラストに、ガックシ。

期待した分、裏切られた感が強くなってしまった1本。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。