スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくセザール 10歳半 1m39cm(Moi, Cesar)
2004年08月03日 (火) | 編集 |
Cesar ■ぼくセザール 10歳半 1m39cm
 (MOI CESAR 10ANS1/2 1m39)
 ■製作 : 2003年/フランス
 ■監督 : リシャール・ベリ
 ■出演 : ジュール・シトリュク/マリア・ド・メディルシュ/
 ジャン=フィリプ・エコフェ
 ■面白度 : ★★★★ ■場所 : 新宿武蔵野館2

■あらすじ
学校で目立たない存在だったセザールは、
ある日突然、家を出て行った父親を刑務所に入ったものと思い込み、
学校中の同情を買う。
一躍悲劇のヒーローになったセザールだったが、
すべて勘違いだったことを知り、評判はガタ落ちに…。
そんな彼にやさしく声をかけてくれたのが、モルガンとサラだった。
親友となった3人は、生き別れた父親を探すため、ロンドンへ行きたいという
モルガンの望みを叶えるため、小さな冒険を計画するのだった。

■感想?
何度か予告編を観るたびに、思わずクスッっとなって気になってたんですよ。
面白かったぁ。
ちびっ子の演技もなかなかです。
特に主役のちょっと太めのセザールが可愛い。
って、かわいいーとか言うと、ちびっ子にとってはプライドが傷付くのよね。
しかも、ちびっ子を見て可愛いなんて思うのは、ババアの証拠だわ。
子供の頃って、大人にとっては何てことなくても、ホントに毎日がプチ冒険。
想像力は豊だし、なんていうかいけないことも、勢いでやってのける。
そんなワクワク感がたっぷりです。
フランス映画ってだけで、ちょっと構えちゃうけど、コレはそんな心配いりません。
さすがにモルガンのパパの部分は、「できすぎだろう!」って思ったけど、それもあり。

それにしても、最近の子供ってませてるよねぇ。
私がセザールたちみたいな冒険を試みたのって、もうちょっと
11歳とか12歳くらいの時だった記憶があります。
って言うか、いまだに似たようなことしてる部分もあるんですけどね。
精神年齢は13歳ですから~♪(爆)

童心に帰りたくなる1本。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。