スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イザベル・アジャーニの惑い(ADOLPHE)
2004年07月25日 (日) | 編集 |
Adolphe ■イザベル・アジャーニの惑い(ADOLPHE)
 ■製作 : 2002年/フランス
 ■監督 : ブノワ・ジャコ
 ■出演 : イザベル・アジャーニ/スタニスラス・メラール
 /ジャン・ヤンヌ
 ■面白度 : ★★☆(2.5)
 ■場所 : シネスイッチ銀座

■あらすじ
19世紀のフランス。
貴族の青年アドルフ(スタニスラス・メラール)は、仕事で訪れた田舎町のパーティーで美しい女性エレノール(イザベル・アジャーニ)と出合う。
エレノールはその町に住む伯爵の愛人で、10歳も歳上だったが、興味を持ったアドルフは彼女を誘惑。
最初は拒んでいたエレノールだが次第にアドルフにひかれ、ついには伯爵と離縁。
しかし当初の熱が冷めたアドルフは、自分を頼るエレノールが疎ましくなってくる。
世間に拒絶されながらも2人の関係は続いていくが…。

■感想?
う~ん。分からん。
正直なところ、この一言で終わりそう・・・。
映像というか、衣装とか綺麗なんですよ。
アジャーニも、年齢不詳の綺麗さだし。(褒めてます)
ただねー。「だから、どうしたの?」と言う感じ。
10歳も年上の愛人が、若い男に走って、二人で不幸になる、みたいな。
男は大臣の息子で、刺激を求めて恋をしかけて、
結局自分も嵌っちゃったってことなんですよねぇ?
でもって、アジャーニは愛人の伯爵も子供も捨てて若い男に走ったくせに、
急に金持ちに復帰した父親の財産を相続する都合の良すぎる展開。
最後は、「もう愛していない」なんて言われて、
アジャーニは、あっけないくらいコロっと死んぢゃうし、
男は実は愛してたアジャーニを失って僕ちゃん悲しい。ってことなの?
(誰に確認してるでしょう?)

この時のアジャーニの実年齢が50歳近いってことに驚いた1本。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。