スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バレエ・カンパニー(THE COMPANY)
2004年07月21日 (水) | 編集 |
COMPANY ■バレエ・カンパニー(THE COMPANY)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : ロバート・アルトマン
 ■出演 : ネーヴ・キャンベル/マルコム・マクダウェル/
 ジェームズ・フランコ/ジョフリー・バレエ・オブ・シカゴのメンバー
 ■面白度 : ★★☆
 ■場所 : 朝日生命ホール

■あらすじ
シカゴに本拠地を置くバレエ団、ジョフリー・バレエ・オブ・シカゴの稽古場。
ダンサーの1日はバーレッスンから始まる。
同じバレエ団のノエルとつきあっていたライだが、彼の浮気が発覚し別れることに。
芸術監督であるミスターAは、独裁的にバレエ団を取り仕切っているが、
それでも予算を獲得するためには労をいとわない。
ライはマイラの怪我によって主役のチャンスを手に入れる。
彼女は本番で見事に踊りきり、ミスターAの称賛も浴びる。
そしてバレエ団はいよいよ新作「青い蛇」に挑むことになる。

■感想?
試写会に行ってみました。
えーっと、バレエ好きの人には楽しめるのではないでしょうか。
大好きなフランコが出てるので、観たいけれどお金を払ってまで観に行くのはなー
と思っていた私としては、試写会で良かった(ホッ)と言うのが本音ですが。
色々な作品をちょっとずつ、つまみます。
登場人物はネーヴ・キャンベル以外みんな、本物のバレーダンサーということで
確かに素晴らしいと思います。
ネーヴ・キャンベルも、子供の頃バレエをしていた、と言うだけあって
とても素敵にクルクル踊ります。
が、映画を観ていると言う感じぢゃないです。
フランコだって存在感はある(私が意識し過ぎてるだけ)けど、
別にどうってことないし。身体は惚れ惚れしちゃったけど。
バレエ会の裏側をドキュメンタリーのように覗いている、ってところでしょうか。

私も子供の頃、バレエを習いかけたことがあります。
保育園のお友達と一緒にスクールに通う話があったのですが、
その子が、おやつとか食べられなくなる(食事制限がある)から嫌って言って
いつの間にかなかったことになったのですが。
脚とか痛そうだし、大人になった今は観客で良いやと思います。

体験入学(?)用の1本。

スポンサーサイト
テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。