スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スパイダーマン2
2004年07月14日 (水) | 編集 |
spiderman2 ■スパイダーマン2(spiderman2)
 ■製作 : 2004/アメリカ
 ■監督 : サム・ライミ
 ■出演 : トビー・マグワイア/キルスティン・ダンスト/
 アルフレッド・モリーナ/ジェームズ・フランコ
 ■面白度 : ★★★★☆(4.5)
 ■場所 : ヴァージンシネマズ六本木7

■あらすじ
グリーン・ゴブリンとの死闘から2年。
青年ピーターの生活は多忙を極めていた。
大学で科学を専攻する傍ら、バイトに明け暮れる毎日。
そしてひとたび事件が起これば、スパイダーマンとなってニューヨークの街を飛び回る。
一方、女優の夢を実現させたメリー・ジェーンは、ピーターへの想いを断ち切り、新しい恋人との未来を踏み出そうとする。
孤独な日々に疲れきったピーターは、ついにスパイダーマンを辞める決心を固めるのだった。
だがそんな時、最強の敵ドック・オクが出現。
ピーターはヒーローとしての決断を迫られる!

■感想?
やっと観てきたぁ♪
もぉ、この映画大好きです。
シュレックに続いて、こちらもpart2ですが、とても良かったナリ。
まぁ、私の場合、前作でジェームズ・フランコに惚れ惚れしたコトもあり、
ちょっとだけ彼の控え目っぷりな登場が淋しかったりしたのですが。

この話に出てくる人って、ヒーローも悪役も皆が皆それぞれの役に徹しきれないっていうのが良いですよね。
ピーターなんて、ヒーローであることにストレスを感じて、何度も落下してるし。
(っていうか、クモになっただけで落ちても大丈夫なのか?)
Dr.オクトパスだって、色々葛藤しているし。
大好きなハリーは女々しいし(爆)
唯一嫌いなのは、MJだな。
彼女の良さが全然分からないです。(あの女優さんが嫌い)
あんな女にドタキャン食らった宇宙飛行士が一番不幸なんぢゃないだろうか?ププ。

途中、何度か出てくる、しょーもないベタなシーンは、
スパイダーマンてコミックなのね、って改めて気付かせてくれます。
さり気なくビックリしたのは、ラストであっさりと
スパイダーマンの正体がバレたこと。(この先どうすんの?)
あーん、早くもスパイダーマン3が楽しみですわん。

珍しく当たりなアメコミ映画の1本。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。