スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STAR WARS_ジェダイの帰還(Episode Ⅵ)
2007年01月12日 (金) | 編集 |
starwars6 ■タイトル : STAR WARS_ジェダイの帰還(Episode 6)
 ■製作 : 1983年 / アメリカ
 ■監督 : ジョージ・ルーカス
 ■出演 : マーク・ハミル / ハリソン・フォード / キャリー・フィッシャー
 ■面白度 : ★★★



■あらすじ
ジャバ・ザ・ハットの宮殿を襲い炭素冷凍されたハン・ソロを救出するルーク一行。
再びダゴバを訪れたルークに、レイアが妹である事、父ダース・ベイダーと戦わねばならぬ事を告げたヨーダは息を引き取った。
帝国軍が建造中のスーパー・デス・スターが惑星エンドアからのエネルギー・フィールドで防御されている事を知った反乱軍は、空陸の二面攻撃を決定。
ハン・ソロ、レイア率いるエンドアでの地上戦と、ランド指揮による宇宙戦が開始された。
そしてルークは彼をフォースの暗黒面に引きずりこもうとしているダース・ベイダーと最後の闘いに挑むのであった。

■感想?
お父さんの次は、妹ですかー。そーですか。
つまらないとは言いません。
まぁ、面白いとは思うんだけど、なぜ、皆が絶賛するのかはイマイチ分かりません。
出て来る宇宙人とか、愛嬌があってかわいいと思うんだけど、小さなクマみたいなコたちに攻撃されて、あっさりやられる帝国軍は、「それで良いの?」と突っ込みたくなるし、ショートしたはずのR2-D2がいきなり直ってると、「いつ直したの?」って思ったり。
手から謎のビーム?を出せる皇帝だって、あんなあっさり落とされて死んじゃって良いのー?
なんだか、色々突っ込みたくなるんだけど、その辺は突っ込んじゃいけないらしいです。はい。

スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。