スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクール・オブ・ロック(SCHOOL OF ROCK)
2004年04月27日 (火) | 編集 |
SCHOOL OF ROCK ■スクール・オブ・ロック(SCHOOL OF ROCK)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : リチャード・リンクレイター
 ■出演 : ジャック・ブラック/ジョーン・キューザック/
 マイク・ホワイト/サラ・シルヴァーマン
 ■面白度 : ★★★★☆(4.5)
 ■場所 : 新宿明治安田生命ホール(試写会)

■あらすじ
ロックギタリストのデューイは、破天荒が過ぎて、自分で結成したバンドからクビにされてしまう。
そのうえ居候している親友ネッドの家からも、家賃未払いで追い出される寸前。
そんな時、ネッドに小学校の代用教員の依頼が。
たまたま電話に出たデューイは、家賃返済のためネッドになりすまし教員に。
そこで音楽の才能ある生徒たちに出会ったデューイはロックを教え込み、バンド・バトルで優勝させ賞金を手に入れようと画策するが…。

■感想?
試写会に行ってきました。
本当は仕事だったのですが、前日になって急遽シフトが変わったので。
あんまり期待してなかったのですが、台風並みの強風にも負けずに・・・。
(って言っても、地下道だから逆に蒸し暑かったけど)
めっちゃ、楽しかったです。

ジャック・ブラック、キャラが濃いな~。
こんな先生って、どうなのよ?と思いつつ、大爆笑しちゃいました。
生徒に廊下を見張らせたりしながら、(コレが大人顔負けのシステムです・笑)
黒板に「ロック」だ「パンク」だ書いて、歴史(?)の授業をしちゃいます。
校長先生が授業を観にきたら、ギター鳴らしながら算数のお勉強。
しかも、間違ってるし・・・。
この校長先生、なかなかキュートでした。
生徒の親たちも、最後は親バカ丸出しで、お決まりのパターンですが、余計なことを考えず、楽しむことをお勧めします。
笑いながら楽しく引き込まれて、リズムに乗りましょう♪
ちなみに私は、観客ダイブが成功した時と、エンドロールの後、思わず拍手をしちゃいました。
それ以外にも手を叩きたくなるシーン盛り沢山です。

でもって、この映画にでている子供たち。
みんなオーディションで選ばれた素人なんですって。
沢山練習したんでしょうね、とっても上手でした。
音感ないので、羨ましかったです。
バックコーラスの女の子、歌上手いの。
サマーだったかな、ちょっとおしゃまな女の子が可愛いかった。
あと、ドラム担当の男の子も。

JBの眉毛ウエーブなんて、ビックリ人間ショウ!モノだぞ。な1本。

スポンサーサイト
テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。