スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェイド(SHADE)
2004年04月10日 (土) | 編集 |
SHADE ■シェイド(SHADE)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : ダミアン・ニーマン
 ■出演 : スチュアート・タウンゼント/シルベスター・スタローン/
 ガブリエル・バーン/サンディ・ニュートン/ジェイミー・フォックス
 ■面白度 : ★★★☆(3.5) ■場所 : 有楽町スバル座


■あらすじ
ベテランのイカサマ師、ミラーと、セクシーな相棒ティファニーは、かつてパートナーだったカードの天才、ヴァーノンを呼び寄せ新しい計画を実行する。
カジノでツキを見せているジェニングスをまんまと陥れ、大金を手にした3人だが、実はその金はマフィアのボス、マリーニに渡るはずのものだった。
窮地に立たされた3人だが、街から逃げ出す前にするべきことがあった。
それは、やがて開催される最大のカード・イベントで、伝説と呼ばれるギャンブラー、ディーンに挑むことだった。

■感想?
試写会で観る予定だったのが、当日急な仕事で行けなくなって今回リベンジ。
先月観ていた知人によると、「先が読めてつまらない」とのこと。
調べてみると、映画館も1ヶ所でしかやらないし、あまり期待してなかったんです。
でも、『ギャンブルモノ』好きなんですよね~♪
ぽっかり時間も空いたので、観てきました。
面白かったです。期待していなかったのが良かったのかしら??
最初のクレジットが流れるところで、色々なカードテクを披露してるんですけど、もーワクワクしちゃいました。
最初のカモを全員で騙したり、そのカモのお金が実はマフィアのボスの物だった、なんていうのは、どこかで聞いたことのある話だけれども。
それでも良いのです。
無表情でハッタリ勝負をするのはもちろん、マジシャン並みのカード捌きは、弟子にしてください!って感じでした。
私の場合、すぐに顔にでてしまうのでまず無理だと思うのですが、楽しそうでやってみたいのですー。
(どうがんばっても、びびってタバコを逆に咥えたミラータイプで終わりそう)
ボスの子分の人がちょっと不気味でお気に入りでした。
情報が欲しい時、お金を見せて「両替を頼もうと思ったんだ」ってやつも、やってみたいな。(相手を選ばないと殺されそうだけど)

スバル座は初めて行ったのですが、始りのアナウンスが何ともレトロな声でした。
シートもクッションがペチャンコでちょっとお尻が痛かったです。

今年になってギャンブル系は3本観てるけど、今のトコロ2勝1負です。
あっ、スタローンは、伝説のギャンブラー役で最後の方で登場します。
パンフとかでは結構偉そうだけど、主役ぢゃありません。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。