スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イン・ザ・カット(IN THE CUT)
2004年04月07日 (水) | 編集 |
IN THE CUT ■イン・ザ・カット(IN THE CUT)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : ジェーン・カンピオン
 ■出演 : メグ・ライアン/マーク・ラファロ/ケヴィン・ベーコン
 ■面白度 : ★★★
 ■場所 : 新宿ピカデリー2

■あらすじ
ニューヨークの大学講師のフラニーは、過去に傷ついた経験から、世間との繋がりを絶ち、腹違いの妹とだけの静かな生活を送っていた。
ある日、近隣で猟奇的な殺人事件が起きた。
フラニーは犯人らしい人物を目撃したのだが、聞き込み捜査の刑事マロイには、話すことができなかった。
彼女はマロイと関係を持つようになるが、2人につきまとうように不審な出来事が続き、マロイが犯人ではないかと疑うように。
しかし、心の奥底にあった「性」が目覚めてしまったフラニーは、激しい感情に揺れるのだった。

■感想?
水曜日は、体調不良のクセに、ショッピングを挟んで2本映画を観たのです。
何やってるんだか。
いやいや、熱っぽくて頭がボーっとしてたからこそ、できたのかも?

内容的にはフツーです。
ラブコメの女王メグがヌードになった、二コールが製作指揮をとった、とそれなりにネタはあるようですが、ストーリー的には特別なにも感じません。
ふーん。過去に傷付いた経験があったのか、って感じです。
フラニーは、電車の中の広告や会話の中で、言葉を拾います。
手帳に走り書きをし、自宅の壁にペタペタ貼るんです。
この手のこと、私も中高生のころにやってた記憶が・・・。
既に、40女の領域だったのでしょうか?(ちょっとイヤだ)

熱のせいか、風邪薬のせいか、疲れのせいか、けだるげなケ・セラ・セラの音楽のように、ゆ~っくりなペースで進みました。
メグが頑張ったらしいので、とりあえず★×3です。

フラニーに付きまとう医学生だったかな?が連れていたワンこが、リードに片足を引っ掛けて、チョコチョコ引っ張られた姿が妙に印象に残りました。(謎)

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。