スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒトラーの贋札(Die Fälscher / The Counterfeiter)
2008年07月23日 (水) | 編集 |

ヒトラーの贋札

■ヒトラーの贋札の感想?
最近は、ハリウッド映画よりも断然、他の国の映画の方が面白い。
これも、そんな面白い映画の1本。
実際に収容所で贋札作りをさせられた人が書いた本がベースになっています。

収容所に送られたサリーは、自分の一芸で命を繋いでいた。
最初はドイツ兵士の似顔絵書きから。
数年後には、本職?である贋作作りを強制させられることになって。

収容所なんだけど、 それなりに待遇は良い。
フカフカのベッドもある清潔な環境。
同胞への気持ちもあるものの、人間、自分の命は大切で。
レコードの流れる環境の中、贋札とか偽造した身分証明書とかを作る。

手始めに作ったポンド紙幣は、実際に相当な額が出回って大変らしいという話を聞いたことがあるような、ないような。

サリーたちの作戦の指揮を取るドイツ人の偉い人も、別に大層な理想を掲げている訳ではない。
彼自身も、生きにくい時代だと言っちゃってみたりして。
戦争映画を見るといつも思うんだけど、悪役って言うのかな、彼らがどうして強者としていられたのか理解に苦しむ。
タイミングなのかなー、なんて、ちょっとサリーのように淡々と考えてみちゃったり。

手に職があるのって、結構大事だな、と思った1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■ヒトラーの贋札(Die Fälscher / The Counterfeiter)
■製作 : 2007年/ドイツ・オーストリア/98min
■監督 : ステファン・ルツォヴィツキー
■出演 : カール・マルコヴィクス/アウグスト・ディール
 デーヴィト・シュトリーゾフ
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
1936年のドイツ、ベルリン。
パスポートや紙幣など、あらゆる偽造を行うプロの贋作(がんさく)師サリー。
犯罪捜査局の捜査官ヘルツォークに捕らえられた彼は、マウトハウゼン強制収容所に送られる。
そこは犯罪者の送られる刑務所ではなく、ユダヤ人を対象にした収容所だった。
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
あるスキャンダルの覚え書き(Notes on a Scandal)
2008年07月22日 (火) | 編集 |

あるスキャンダルの覚え書き

■あるスキャンダルの覚え書きの感想?
ぞわぞわ~っとくる。
実際にアメリカであった事件を元にしているらしいけれど、スポットがあたるのは、自分の娘よりも若い男子生徒に手を出した女教師の話ではありません。
その部分はきっかけに過ぎない。

何が怖いって、孤独なオールド・ミスのおばあちゃん先生の執着心と言うかなんと言うか・・・。
レズなのかな?
そこまで行かないにしても、 狙った獲物に対する感覚は尋常じゃない。
「友情」という言葉を頻繁に使いつつ、握った「秘密」で縛りつけようとする。
シーバの家族は、無意識ながらも、この魔女婆さんへの嫌悪を募らせるんだけど、シーバは最後までそれほど気にする様子が見られないっていうのが、また不思議。

でもって、不思議に思うこと。
外国の人って、ペーパーナプキンで鼻をかむけど、痛くないのかな?
紙質がかなりゴワゴワだと思うんだけど・・・。
まぁ、ハンカチでかまれるよりはマシだけどね。

孤独な年寄りになるのが、ちょっと怖いと思った1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■あるスキャンダルの覚え書き(Notes on a Scandal)
■製作 : 2006年/イギリス/92min
■監督 : リチャード・エアー
■出演 : ジュディ・デンチ/ケイト・ブランシェット/ビル・ナイ
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
ロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラは、若く美しい新任の美術教師シーバに興味を抱く。
家族も親しい友人もおらず、飼っている猫だけが心のよりどころだったバーバラは、シーバとの友情に固執するようになる。
しかし、ある日、シーバの秘密を知り……。
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
カンフー・パンダ(Kung Fu Panda)
2008年07月05日 (土) | 編集 |

カンフー・パンダ

■カンフー・パンダの感想?
7/26公開の映画を一足先に試写会で。

土曜日+内容的に、子供が多い試写会でした。
豪華な声優たちが揃ったこの映画、ストーリーも分りやすくて大人も笑えます。
暑いときは、あまり深く考えないで気軽に観れるのが良いね、うん。

パンダのポーは、カンフーオタクなラーメン屋さんの息子。
偶然から、龍の戦士に選ばれちゃう。
龍の戦士になるべく修業を積んできたポーの憧れ、マスター・ファイブの面々は勿論、シーフー老師からは、「向いてないから、帰れ」ぐらいなことを言われるのに、なぜか頑張る前向きパンダ。
亀仙人のじーちゃんの言葉のおかげなのかな?
修業っていうか失敗の数々も、ユーモラスな表情で笑えるんだよねー。
でもって、ラストはちゃんと、凄いパンダになっちゃうし。

CGアニメだけど、成長物語としても十分グーなのです。
むしろ、動物キャラだからこそ、ユーモアたっぷりのしぐさや表情が生きてて良いのかも。

さすが、ドリームワークスだ、と思った1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■カンフー・パンダ(Kung Fu Panda)
■製作 : 2008年/アメリカ/92min
■監督 : マーク・オズボーン
■出演 : ジャック・ブラック/ダスティン・ホフマン/アンジェリーナ・ジョリー
■場所 : 東京厚生年金会館(試写会)

■あらすじ
中国の桃源郷“平和の谷”が、極悪非道なタイ・ランに襲われる。
そこで彼に対抗する勇者を選ぶことになり、選考試合ではマスター・モンキーらカンフーの達人たちがその技を競い合う。
だが、彼らを差し置いて選出されたのは、体は大きいが小心者のパンダのポーだった。
テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
エバー・アフター(EVER AFTER)
2008年07月04日 (金) | 編集 |

エバー・アフター

■エバー・アフターの感想?
現代(?)版のシンデレラ。
フランス人のはずが、普通に英語で喋ったり、バリモアがシンデレラのイメージと微妙にズレてたりして、違和感を感じちゃうんだけど。
まぁ、お伽話としては、及第点、かな。

魔法使いの正体は、ダ・ヴィンチ先生だったのかぁ~。なんてね。
男爵夫人を後妻に迎えるくらいだから、シンデレラのパパもそれなりに地位があったと思うんだけど、物語の中では、彼女はあくまでも召使。
バリモアの顔じゃ、田舎臭いからしかたない、と納得。(超失礼!)
でもって、継母や義姉の意地悪もソフト。
ラストだって、洗濯係だもん。
焼けた鉄の靴を履かせちゃうよりはマシだし、子供に見せるなら、このくらいがちょうど良いのかな。うん。

お伽話の世界でも、女性が強くなってきた1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■エバー・アフター(EVER AFTER)
■製作 : 1998年/アメリカ/118min
■監督 : アンディ・テナント
■出演 : ドリュー・バリモア/アンジェリカ・ヒューストン/ダグレイ・スコット
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
昔々、優しい父と田舎の屋敷で暮らす少女ダニエル。
しかし、父が男爵夫人と再婚し二人の娘を連れてやって来たことから一変。
しかも、その後父が急死してしまう。
それからダニエルはメイドとしてこき使われる生活を送っていた。
10年後のある日、フランスの王子ヘンリーと運命的な出会いをしたダニエルは……。
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。