スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
守護神(The Guardian)
2007年07月22日 (日) | 編集 |
The Guardian ■守護神(The Guardian)
 ■製作 : 2006年/アメリカ
 ■監督 : アンドリュー・デイヴィス
 ■出演 : ケヴィン・コスナー /アシュトン・カッチャー/
 ニール・マクドノー
 ■面白度 : ★★★
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
アメリカ沿岸警備隊を舞台に、伝説のレスキュースイマーと若き訓練生の
心のきずなを描いた感動ドラマ。
任務中に大切な相棒を失い、心と身体に深い傷を負ったベテランの
レスキュースイマー、ベン・ランドール(ケビン・コスナー)は、
レスキュー隊員のエリートを育成するスクールの教官に赴任することになった。
彼は訓練生の1人で、高校の水泳チャンピオンだった経験を持つ
ジェイク・フィッシャー(アシュトン・カッチャー)に興味を示す。

■感想?
公開当時、「海猿」と被ってるとかで、なんとなく観に行かなかった。
海上自衛隊と湾岸警備隊の訓練所みたいな設定が、そう思わせるのかな。
実際の内容は、違うんぢゃないかと・・・。
この話、嫌いぢゃないです。
若者が反発しながらも、成長して師匠を超えていく、みたいな。(違った?)
それこそ、舞台は違っても、良くあるパターンぢゃない。

しっかし、氷水の中での訓練て、どーなの。
教官が一緒に震えてなかったら、虐めだよ。
でも、実際にはそういうところでも活躍することがあるんだろうね。

伝説にもなる人って、何かしら心に傷を持ってなくちゃいけないらしい。
私も傷のひとつやふたつあるはずなので、凡人でも日々頑張れば、
伝説の人になれるってことで。(今度こそ、違う)

唯一、がっかりなのは、ラストでしょうか。
そんな伝説っていうか、設定は要らなくない?


うっかりファンタジーに片足を突っ込みかた1本。


スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
サウンド・オブ・サイレンス(Don't Say a Word)
2007年07月15日 (日) | 編集 |
Don't Say a Word ■サウンド・オブ・サイレンス(Don't Say a Word)
 ■製作 : 2001年/アメリカ
 ■監督 : ゲイリー・フレダー
 ■出演 : マイケル・ダグラス/ショーン・ビーン/
 ブリタニー・マーフィ
 ■面白度 : ★★★
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
どこか浮き足立った雰囲気を醸す感謝祭前日のニューヨーク。
精神科医のネイサンは、元同僚のサックス医師から分裂症の患者を
診てくれるよう頼まれる。
患者は華奢な体つきのエリザベスという少女だったが、
彼女はしばしば別の人格が表われ、信じられない力で暴力をふるうという。
さっそく面談治療を始めたネイサンだが、その日は意味不明のひとことを
聞き出すのがやっとだった。
しかし翌日、ネイサンは愛娘ジェシーを誘拐され、犯人から
「5時までにエリザベスから6桁の数字を聞き出せ」との要求を受けるのだった……。

■感想?
感謝祭の前日に誘拐されるなんて冗談じゃない!
いや、誘拐されるのはいつだってイヤだけど。

M・ダグラスは、強いパパだった。
当然、強いパパの奥さんも強い。
片足を骨折して自由に動けないのに敵と格闘してやっつけてしまう。
でもって、その娘だって利口なのだ。
誘拐犯の一人となんとなく仲良くなりながら、通気口からメッセージを送る。

でも、一番利口なのは、エリザベス。
何年も精神病院に入って頭のおかしいフリを続けられるんだから凄い。
そりゃ、目の前で父親を殺されたら、誰も信じられなくなるかもしれないけど。
ついでに言うと、誘拐犯だってバカじゃなかったよね。
部屋中にビデオカメラを仕掛けて監視して、奥さんが緊張に息を止めてたら
「聴こえたな」って判断できる。
なんて言うか、ここまでできる優秀さがあるなら、
自分で数字を聞き出せたんぢゃないかとさえ思えてしまった・・・。
あの石ころは、それほど価値があるのだろうか。


良くあるストーリー展開だけど、それなりに楽しめる1本。

テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
フェイス/オフ(FACE/OFF)
2007年07月03日 (火) | 編集 |
FACE/OFF ■フェイス/オフ(FACE/OFF)
 ■製作 : 1997年/アメリカ
 ■監督 : ジョン・ウー
 ■出演 : ジョン・トラヴォルタ/ニコラス・ケイジ/ジョーン・アレン/
 アレッサンドロ・ニヴォラ/ジーナ・ガーション/ドミニク・スウェイン
 ■面白度 : ★★★★
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
憎むべき互いの顔を取り替えた二人の男の果てしなき死闘を描いた、
J・ウー監督によるバイオレンス・アクション。
かつて冷酷無比のテロリスト、トロイによって最愛の息子を失っている
FBI捜査官アーチャーは飛行場でトロイを捕らえたが、トロイがLAのどこかに
細菌爆弾を仕掛けている事が判明。
当のトロイは植物人間となっており、唯一の情報源は獄中にいる
トロイの弟ポラックスだけだった。
FBI特殊班はアーチャーにトロイの顔を移植しポラックスから
爆弾の設置場所を聞き出すことに……。

■感想?
この映画は面白いっ。
アクションもそうだけど、音楽の使い方も良い。
ジョン・ウー監督のトレードマーク(?)な、鳩と二丁拳銃にしびれちゃう。

顔の皮膚をひっぺがして、交換コなんて痛いよねぇ。
しかも、皮膚がない状態でタバコ吸ったら体に悪いのよ。
つーか、筋肉だけの顔でタバコ咥えた姿なんて怖いよ。
でも、それより怖いと思ったのは、掌で顔をペロンと撫でる仕種だったりする。
もし自分だったら、ちょっと遠慮したいコミュニケーションだ。(汗


10年前の作品だけど、今でも全然OKな1本。

テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。