スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時をかける少女
2007年06月30日 (土) | 編集 |
時をかける少女 ■時をかける少女
 ■製作 : 2006年/日本
 ■監督 : 細田守
 ■出演 : 仲里依紗/石田卓也/板倉光隆/原沙知絵/
 谷村美月/垣内彩未
 ■面白度 : ★★★☆(3.5)
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
高校2年生の紺野真琴は、自転車事故をきっかけに、
時間を跳躍する能力を持ってしまう。
その能力のことを叔母の芳山和子に相談すると、それは“タイムリープ”といい、
記憶の確かな過去に飛べる能力だという。
半信半疑の真琴だが、日常の些細(ささい)な不満やストレス解消などのため、
むやみやたらに能力を乱用しだし……。

■感想?
職場の同僚に借りてみました。
えっ、アニメ?!なんて思っちゃいけません。
なかなか良くできてます。

何度か映画やドラマになっている「時をかける少女」。
小学生だか中学生の頃、原田知世主演の映画がやっていたような記憶が・・・。
今回は、それより未来の話ってことになるのかな。
原田知世は、おばさん役で登場してる。
(実は、映画ver.は、観たことないんだけど)

タイムリープって良いよね。
実際にできたら、どこを修正しよう、なんて思いつつ
自分の学生時代を思い出してみたりして。


大人も十分楽しめる青春アニメな1本。


スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
ディスクロージャー(DISCLOSURE)
2007年06月22日 (金) | 編集 |
DISCLOSURE ■ディスクロージャー(DISCLOSURE)
 ■製作 : 1994年/アメリカ
 ■監督 : バリー・レヴィンソン
 ■出演 : マイケル・ダグラス/デミ・ムーア/ドナルド・サザーランド/
 キャロライン・グッドオール/デニス・ミラー/ロマ・マフィア
 ■面白度 : ★★★☆(3.5)
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
昇進を見送られ、別会社との合併問題で困惑していたトムの元に
新任の女上司が配属されてくる。
その上司は10年前、激しく愛し合った元恋人だった。
ある日、彼女の誘惑を拒否したのをきっかけに、
巨大な陰謀の影に気づき始めた彼のもとに、
差出人不明のダイレクトメールが送られて来た……。

■感想?
公開当時、逆セクハラで話題を呼んだマイケル・クライトン原作のサスペンスもの。
M・ダグラスがセクハラされて、D・ムーアが迫るなんて!
なんだか、イメージがアベコベだ(笑
それはそれで、面白かったけど。(悪趣味か?)

実際には、セクハラ訴訟の裏に、もうひとつ問題が隠れてるんだけど、
そんなのそっちのけで楽しんでしまった。
あのバーチャルマシーン、面白そうだな。
エンジェルのCGは、頂けないけど。

セクハラって、女性がするとおっかないねー。
同性から見ても、プルプル震えちゃうよ。


リアルな恐さがある1本。

テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
運命の女(UNFAITHFUL)
2007年06月20日 (水) | 編集 |
運命の女 ■運命の女(UNFAITHFUL)
 ■製作 : 2002年/アメリカ
 ■監督 : エイドリアン・ライン
 ■出演 : ダイアン・レイン/リチャード・ギア/チャド・ロウ
 オリヴィエ・マルティネス/エリック・パー・サリヴァン/
 ■面白度 : ★★★
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
コニー・サムナーはニューヨーク郊外で暮らす専業主婦。
マンハッタンで会社を経営する夫エドワードと9歳になる息子チャーリーと3人で、
平凡だが幸せな生活を送っていた。
ある日、コニーはチャーリーの誕生日プレゼントを買うためマンハッタンへ出掛けた。
通りを歩いていたコニーは、大量の本を抱えた青年と衝突した。
その青年、フランス人でブック・ディーラーのポール・マーテルは、
膝を怪我したコニーの治療をするため彼女を自分のアパートに招き入れる。
以来、何度か彼を訪ねることになったコニーは、やがて越えてはならない一線を越えてしまう…。

■感想?
平凡だけど幸せな生活って言うのは、駄目らしい。
人間には、男でも女でも刺激が必要ってことでしょうか。
何事も慣れてはいけないのだ。(本当か?)
うっかり刺激に嵌った奥さんの浮気に気付いた夫は、人殺しになってしまった。
スノーボールに隠されたメッセージ。
10年なんて先のことではなく、もっと頻繁にこうした小さなメッセージで
平凡を払拭していれば、ずっと幸せな夫婦でいられたのかもしれない。

まぁ、ラストは、平凡ではなくなったけど、ある意味幸せな夫婦なのかな?
いやいや、違うだろ。


ギアの切ない夫の表情っぷりが、結構気に入った1本。

テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
プラダを着た悪魔(THE DEVIL WEARS PRADA )
2007年06月17日 (日) | 編集 |
プラダを着た悪魔 ■プラダを着た悪魔(THE DEVIL WEARS PRADA )
 ■製作 : 2006年/アメリカ/110mm
 ■監督 : デヴィッド・フランケル
 ■出演 : メリル・ストリープ/アン・ハサウェイ/エミリー・ブラント/
 スタンリー・トゥッチ/エイドリアン/グレニアー
 ■面白度 : ★★★
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを志しNYにやって来る。
オシャレに関心のない彼女は、無謀にも一流ファッション誌ランウェイの面接を受ける。
編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のジュニア・アシスタントの仕事を
手に入れるのだが、翌朝から24時間公私の区別なく携帯が鳴り続ける悪夢の日々が始まった。

■感想?
とりあえずテンポ良く進みます。
正直、こんな上司の下では、働きたくないけれど。
自分の仕事にプライドを持つのは大切だけど、
プライベートな用事をアシスタントに押し付けるのはなー。
単なる我侭ぢゃん?と思ってみたり。

アンディがオシャレになっていくのは、見ていて楽しい。
ブランド物で身を固めたい、とは思わないけど、TPOというか
ファッションを扱う仕事なら、それなりにセンスがなくちゃだもんね。

ファッションを楽しむ1本。

テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
テッセラクト(THE TESSERACT)
2007年06月14日 (木) | 編集 |
テッセラクト ■テッセラクト(THE TESSERACT)
 ■製作 : 2003年/イギリス・タイ・日本/96mm
 ■監督 : オキサイド・パン
 ■出演 : ジョナサン・リス=マイヤーズ/サスキア・リーヴス/
 アレクサンダー・レンデル/カルロ・ナンニ/レナ・クリステンセン
 ■面白度 : ★★
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
タイ、バンコクのとあるさびれたホテル。
午後5時47分、突然停電する。この時、303号室に泊まるイギリス人の運び屋
ショーンは、タイ・マフィアのボス、シア・トウを緊張の面もちで待っていた。
シア・トウが対立する組織から奪ったブツを受け取る手はずになっているのだ。
同時刻、203号室では、ブツの奪還を目論みシア・トウを襲撃した
殺し屋・リタが腹部に傷を負いながら潜んでいた。
同じ頃、停電した客室ではベルボーイのタイ人少年ウィットが盗みを開始する。
そんな中、心理学者のイギリス人女性ローザがこのホテルにやって来た…。

■感想?
しまったっ!!(汗
まったくついて行けなかった・・・。

ひとつの時間の中で、それぞれの行動を覗き見たところ、
少しずつ接点があったりする。
だけど、それを理解したところで、どうしたら良いのか?

すっかり途方に暮れた1本。

テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
トリスタンとイゾルデ(Tristan & Isolde)
2007年06月10日 (日) | 編集 |
トリスタンとイゾルデ ■トリスタンとイゾルデ(Tristan & Isolde)
 ■製作 : 2006年/アメリカ/125min
 ■監督 : ケヴィン・レイノルズ
 ■出演 : ジェームズ・フランコ/ソフィア・マイルズ/
 ルーファス・シーウェル/デヴィッド・パトリック・オハラ
 ■面白度 : ★★★☆(3.5)
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
幼い頃に実の両親をアイルランド軍に殺され、
命の恩人であるコーンウォールの領主マークに育てられ、
勇敢な騎士へと成長したトリスタン。
ある時彼は、戦闘で瀕死の重傷を負い、敵国アイルランドの海岸に流れ着く。
それを、アイルランド王の娘イゾルデが見つけ、献身的に看病する。
やがて2人は情熱的に愛しあうようになるのだが…。

■感想?
ジェームズ・フランコは、切ない役が良く似合う!
(もじゃもじゃ頭はイマイチだけど)

トリスタンもマーク王も良い男なのだ。
同じ女性のことを好きになってしまった悲劇。
二人とも、イゾルデへの愛と国への思いに苦しみまくる。
マーク王は、彼女を愛するが故にトリスタンと共に逃がして、
トリスタンは彼女を愛しながらも、最後は国を取った形になる。
じゃぁ、彼女の気持ちはどうするの?と思わなくもないけれど、
そんなことは脇に追いやられる時代なのだから我慢しよう。

ロマンチックな気分にどっぷり浸れる1本。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
ミッションブルー(SOUL ASSASSIN)
2007年06月08日 (金) | 編集 |
ミッションブルー ■ミッションブルー(SOUL ASSASSIN)
 ■製作 : 2001年/アメリカ・オランダ/95min
 ■監督 : ローレンス・マルキン
 ■出演 : スキート・ウールリッチ/クリスティ・スワンソン/
 デレク・デ・リント/レナ・オーウェン
 ■面白度 : ★★
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ 
オランダ・ロッテルダム。
多国籍投資銀行のセキュリティ・エージェントであるケビンはこの日、
自らの昇進を恋人のロザリンドとホテルの一室で祝っていた。
その時、ベルボーイに扮した何者か部屋にやって来てロザリンドを射殺し逃走した。
理由も分からずショックを受けるケビンは公私ともに信頼を寄せている
銀行の会長カールに助けを求める。
そこでケビンはロザリンドがマネーロンダリングに関わり、
ライバル会社に脅迫されていた事実を聞かされ愕然とする。
やがてケビンは上司や仲間の協力のもと犯人を追い詰めるのだったが…。

■感想?
オランダの風景とやたらとブルーがかった映像。
ウールリッチは、ジョニー・デップに似ているらしい。
そうなの?
なんだか、ぼーっとしていたせいか、特に印象に残らず
終わってしまったような気がする。
社長の愛人にちょっとだけ同情してしまったり。
サスペンスものとしては、テンポ良く進むし、後1歩で犯人!という
ギリギリの様子とかあって良くできてると思う。

記念日には殺されたくない1本。
 


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
セルラー(CELLULAR)
2007年06月02日 (土) | 編集 |
セルラー ■セルラー(CELLULAR)
 ■製作 : 2004年/アメリカ/95min
 ■監督 : デヴィッド・R・エリス
 ■出演 : キム・ベイシンガー/クリス・エヴァンス/
 ウィリアム・H・メイシー/ジェイソン・ステイサム/ノア・エメリッヒ
 ■面白度 : ★★★★
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
夫と息子の3人で幸せな毎日を送っていた高校の生物教師ジェシカ。
だがそんなある日、いつものように息子を学校へ送り届け帰宅した彼女を、
突然侵入してきた数人の男たちが乱暴に連れ去ってゆく。
そのまま、どこかの家の屋根裏に監禁されるジェシカ。
リーダー格の男イーサンは部屋にあった電話をハンマーで叩き壊すと、
彼女を残し立ち去るのだった。
いずれ確実に殺されると悟った彼女は理系の知識を活かして
壊された電話のコードを接触させ、外への連絡を試みる。
やがてそれは、ライアンという青年のケータイに繋がるのだが…。

■感想?
電話って結構簡単な造りなんだねー。
あんなに壊れても線をちょちょっと繋げばOKだとわっ。
(いや、自分が同じようにできるとは思わないけど)

で、電話が繋がった相手のライアンは、今時の若者って感じなのに
ちゃんと警察に出向いてくれるのだ。良いヤツぢゃん。
高校教師ジェシカの扱いがうまいのか?

相手が携帯だから、非常階段を利用しようとすると電波が切れそうになる。
強い電波には負けちゃうし、充電だって切れてしまう。
この辺りのドキドキ感がリアルで面白い。

ドキドキしながらもクスッと笑ったり、ラストはちゃんと
「正義は勝つ」ってお約束が待っていて、満足、満足♪


スピード感のある展開が楽しい1本。

テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。