スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10日間で男を上手にフル方法(How To Lose a Guy in 10 Days)
2006年04月29日 (土) | 編集 |
■感想?
どうやって相手に嫌われるか。
我侭を言ってみたり、男友達とのポーカーの邪魔をしてみたり、
勝手に彼の自宅に押しかけてみる。
でも、相手は恋人を作る必要があるから、顔を引きつらせつつも許してくれちゃう。
実際やったら、フラれるかどうかは別として、間違いなく大喧嘩になりそうなのに、大爆笑の連続だ。
ついでに言うと、ドタバタコメディで笑い転がってたはずが、
"ヤヴァイ、自分もやったことあるかも!?"なんてお勉強までできてしまった。

お気楽ラブコメだけど、十分楽しめた1本。

■面白度 : ★★★★
****************
10日間で男を上手にフル方法 ■10日間で男を上手にフル方法(How To Lose a Guy in 10 Days)
 ■製作 : 2003年/アメリカ/116min
 ■監督 : ドナルド・ペトリ
 ■出演 : ケイト・ハドソン/マシュー・マコノヒー/
 キャスリン・ハーン/アニー・パリッセ/アダム・ゴールドバーグ
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
新米の雑誌ライター、アンディは堅い政治ネタを熱望していたが、
編集長が用意したのは軽い“HOW TO”もののコラム。
なかなかテーマの決まらないアンディは、友だちが語る失敗談から、
男と別れたい女性のための“10日間で男にフラれる方法”という企画を思いつく。
一方、独身の広告マン、ベンは上司から“10日以内に恋人をつくれば、
宝石店の大きな仕事を任せる”という約束を取り付けることに成功する。
そんなアンディとベンは、とあるパーティ会場で偶然出会うと、互いの本心も知らずにデートの約束を交わすのだったが…。


スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
ブリジット・ジョーンズの日記(BRIDGET JONES'S DIARY)
2006年04月27日 (木) | 編集 |
■感想?
ベストセラー小説の映画化。
原作も読んでないし、公開当時もなんとなく食指が伸びずでした。

今になって見ると、プププ。
共感できてしまった。(ちょっとイタイ)
映画の登場人物って、美人でスタイル抜群っていうのがフツーなのに、
ブリジットは、現実世界寄り。
自分に甘かったり、ドジなとことか。
自分に重ねてしまうせいで、妙に可愛く見えてしまうからヤバイ。
でもラストでは、やっぱり現実って、そこまでウマく行かないよ、
なんてひがんでしまうのは、私が負け犬のせいだろう。

共感できることが逆に痛かった1本。

■面白度 : ★★★
****************
ブリジット・ジョーンズの日記 ■ブリジット・ジョーンズの日記(BRIDGET JONES'S DIARY)
 ■製作 : 2001年/イギリス/97min
 ■監督 : シャロン・マグアイア
 ■出演 : レニー・ゼルウィガー/コリン・ファース/ヒュー・グラント/
 ジム・ブロードベント/ジェマ・ジョーンズ/サリー・フィリップス
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
ブリジット・ジョーンズ、出版社勤務のOL、32歳。独身。
彼女は新年にあたってひとつの決意をする。
「日記をつけ、タバコとお酒を控えめにし、体重を減らして、恋人を見つける!」
そして、「ハンサムな上司ダニエルには気をつける」
――はたして彼女の誓いは無事達成されるのか?

テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
ニューヨークの恋人(KATE & LEOPOLD)
2006年04月24日 (月) | 編集 |
■感想?
テレビでラスト30分だけ見てしまい、慌ててDVDを借りちゃいました。
ロマンチック万歳、王子様最高♪
ヒュー・ジャックマンの紳士っぷりに見事にやられました。
自分がタイムスリップする訳ぢゃなくて、過去からやってきた王子様。
バリバリのキャリアウーマンのメグに、しっかりフェミニストっぷりを披露。
衣装とか古臭くっても、これだけカッコ良ければ惚れるでしょうw
(着替えちゃえば分からないし)
でも、やっぱり過去の世界に行っちゃうのか・・・。
現代って暮らし辛いのかしら?

現実逃避したい時にうってつけの1本。

■面白度 : ★★★★
****************
ニューヨークの恋人 ■ニューヨークの恋人(KATE & LEOPOLD)
 ■製作 : 2001年/アメリカ/118min
 ■監督 : ジェームズ・マンゴールド
 ■出演 : メグ・ライアン/ヒュー・ジャックマン/
 リーヴ・シュレイバー/ブレッキン・メイヤー/ナターシャ・リオン
 ■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
1876年、ニューヨーク。
そこは盛大な舞踏会の会場。
レオポルドは本日の主役にも拘わらず浮かぬ表情。
というのも、彼は今日花嫁を決めなければならないのだが、本当に愛する女性にめぐり逢っていないのだ。
そんな彼は会場で怪しげな男を目にし、逃げ出したその男を追ってやって来たブルックリン・ブリッジから男とともに奈落の底へ……。
そして現代のニューヨーク。広告会社で働くケイトはバリバリのキャリアウーマン。
過去の苦い経験からいまや男を諦め仕事一筋。
そんなケイトの前に突然、クラシックな服を着て完壁な王立英語を話す不思議な男が現われた……。

テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。