スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
華氏911(FAHRENHEIT 911)
2004年08月29日 (日) | 編集 |
FAHRENHEIT 911 ■華氏911(FAHRENHEIT 911)
 ■製作 : 2004年/アメリカ
 ■監督 : マイケル・ムーア
 ■面白度 : ★★★
 ■場所 : 恵比寿ガーデンシネマ


■あらすじ
アメリカ、9月11日の悲劇。
アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュは、
911以前から囁かれていたテロの可能性を軽視し、対策を見過ごしてきた。
ブッシュ大統領は、父ブッシュの代からサウジの富豪ラディン一族と
石油ビジネスを中心に密接に関わっていたし、サウジとの間には、
兆単位の石油マネーが動くからだ。
一族の厄介者、オサマが引き起こしたとんでもないテロを、
ブッシュ大統領はいつの間にかイラクに結びつけ、
アメリカを攻撃したこともないイラクへの空爆を開始した。
「自由」の名と、ゴルフクラブを振りかざして…。

■感想?
公開から2週間経ったし、そろそろ良いかな?と思って行ったのですが、甘かった。
とっても混んでいまひた。

公開前から色々と話題のある映画ですが、うーん・・・。
私は、アメリカと言う国が大嫌いです。
アメリカ人という個人は良い人も多いのでしょうが、国としてみると大嫌いです。
でも、ブッシュ嫌いのムーア監督の偏見がバリバリ入ったこの映画を、
なんだかんだ言いながらも上映できたアメリカって凄いね、と思いました。
細かい幾つかのことは別として、今回の映画の内容は、ずいぶん前から
色々なところで出ていた情報(事実?)を1本のフィルムにまとめたモノです。

小泉さんがこの映画を観ようが観まいが、どうでも良いです。
でも、日本の人たちがコレを観て、戦争に参加しない、
と掲げた日本の素晴らしさを崩した無能な彼を叱ってやろう!って気になれば良い。

イラクへ行った兵士が、なぜ自分たちがこんな目に合わなければいけないのか?
って嘆いていたシーンに腹がたった。
息子を無くした母親が、ホワイト・ハウスの前で、「私たちは何も知らなかった。
知っていると思っていただけだった」って言うのが印象的だった。
ムーアが議員に「自分の子供をイラクにいかせては?」と言ったときの議員の顔や
9.11当日、小学校で怯えた小動物のような表情をしていたブッシュの顔、
とにかく皮肉たっぷりな映画だと思った。
それだけぢゃなく、色々考えなくちゃいけない映画でもあるんだけどね。

正直、疲れた。
余裕のあるときに観て、冷静に考えた方が良いと思います。(何を?)
物事を多面から捉えて考えられる人間になりたい。

映画って言うか、ドキュメンタリー番組っぽい1本。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
ヴァン・ヘルシング(VAN HELSING)
2004年08月22日 (日) | 編集 |
VAN HELSING ■ヴァン・ヘルシング(VAN HELSING)
 ■製作 : 2004年/アメリカ
 ■監督 : スティーヴン・ソマーズ
 ■出演 : ヒュー・ジャックマン/ケイト・ベッキンセール/ウィル・ケンプ/
 リチャード・ロクスバーグ/デヴィッド・ウェンハム
 ■面白度 : ★★★
 ■場所 : よみうりホール(試写会)

■あらすじ
19世紀のヨーロッパ。
バチカンから使わされた男、ヴァン・ヘルシング(ヒュー・ジャックマン)は、
不死身のモンスター、ドラキュラ伯爵を捕らえるためトランシルバニアへやってくる。
この土地で、代々吸血鬼と戦ってきたヴァレリアス一族は、今や王女のアナが残るのみ。
アナの兄ヴェルカンは、すでにドラキュラの手に落ちていた。
アナとヴァン・ヘルシングは共にドラキュラを追うが、
その頃、世界支配を目論むドラキュラ伯爵は、何千という吸血鬼の卵を孵化させようとしていた。

■感想?
試写会に行きました。

ヴァン・ヘルシングって、何度か映画になってるんですよね。
ちょっと前に、お昼間の12チャンネルでやってたのを観ました。
CMでブツブツ切られまくってたけど、なかなか面白かったッス。

今回のヴァン・ヘルとの違いと言えば、やっぱ、ヘルシング教授の男っぷりですな。
えぇ、えぇ、男前だと思います。ヒュー・ジャックマン。(単純に髭に弱いだけ?)
でもなんと言うか、面白いんだけど、ちょっと違うかな?って言うのが正直なところ。
だって、マンガっぽいんだもん。
CGとかは凝ってるんだけどね。脱皮するようにウルフマンになるとことかさ、
ドラキュラ伯爵の3人の奥さんとか。
でも、なんだろう、中途半端にマンガっぽいのが疲れる。
だって、ヨーヨーみたいな武器も、最初しか使わなかったぢゃん。
ジキル&ハイド氏の扱いはアレで良いのか?
って言うか、あの辺はまだ、楽しみにしていたワクワク感があったから
笑っていられたんだけど。
ドラキュラ伯爵のラストも妙にあっけなかったんぢゃないですかね?みたいな。

ケイト・ベッキンセールは、綺麗でした。
私もあんなセクシー姉さんになりたい。(笑)

ヨーヨーが武器になるのはスケバン刑事だけぢゃないらしい、と思った1本。

テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
LOVERS(十面埋伏)
2004年08月18日 (水) | 編集 |
LOVERS ■LOVERS(十面埋伏)
 ■製作 : 2004年/中国
 ■監督 : チャン・イーモウ
 ■出演 : 金城武/アンディ・ラウ/チャン・ツィイー
 ■面白度 : ★★★★
 ■場所 : よみうりホール(試写会)


■あらすじ
唐の大中13年、凡庸な皇帝と政治の腐敗から各地に叛乱勢力が台頭。
その最大勢力「飛刀門」討伐の命を受けた県の捕吏・劉は、
前頭目の娘と目される盲目の踊り子・小妹を捕える。
口を割らない小妹に対し、劉は同僚の捕吏で武芸の達人である金と共に、
ある計略を謀る。
それは身分を偽った金が小妹を救い出し、その信頼を得て飛刀門の拠点に
潜入するというものだった。
目論見通り、小妹は金との逃避行を開始。
劉も金と密通しながら2人の後を追う。
だが3人の行く手には、それぞれの思惑と愛憎が絡む宿命の物語が待ち構えていた…。

■感想?
試写会行ってきますた。
もぉ、キレー!!(うっとり)
HEROの監督さんの作品ですが、私はLOVERSの方が映像的には好きです。
映像っていうか、色の使い方かな。
前作も確かに綺麗な色使いだったけど、単色が多かったぢゃないですか。
今回は後半部分でその雰囲気はありましたが、とても綺麗な色使いでした。
っていうか、衣装が良いのかな。
和田恵美さん。
話を吹っ飛ばすけど、彼女のだんながカバみたいな和田勉だって知ったときは
かなーりショックだったわよ。まぢで。
和田さんの手がける衣装っていつも綺麗ですよね。かなりお気に入りです。

あっ、俳優さんたちも良かったですよ~。
チャン・ツィイー、やっぱ綺麗です。
でもって、今まで一度も思ったことなかったけど、金城さんが素敵でした。
(どうも、彼の鼻の形が好きぢゃない。)
映画のCMでも流れてる遊郭での笑顔にやられました。

んとね、ストーリー自体は、ぶっちゃけ特別どうってこともないと思うんです。
結局のところ、小妹が歌ったように、一人の女のために
飛刀門は滅びちゃうんだよね?みたいな。
でも、映像が良い。だから、許す!!
もちろん、笑っちゃうところも突っ込みどころもそれなりにありますが。

綺麗な色の世界にウットリvな1本。


テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
天国の青い蝶(The Blue Butterfly )
2004年08月14日 (土) | 編集 |
The Blue Butterfly ■天国の青い蝶(The Blue Butterfly )
 ■製作 : 2004年/カナダ・イギリス
 ■監督 : レア・プール
 ■出演 : ウィリアム・ハート/マーク・ドネイト/パスカル・ブシェール/
 ラオール・トゥルヒロ
 ■面白度 : ★★★
 ■場所 : シネスイッチ銀座

■あらすじ
10歳の少年ピートは、自分が末期の脳腫瘍で余命いくばくもないことを知っていた。
しかし彼には、中南米の熱帯雨林に行き、
この世でもっとも美しい蝶“ブルーモルフォ”を捕まえる夢があった。
その幻の蝶を捕まえれば、この世の神秘がわかると信じているからだ。
ピートと母のテレサは、世界的に有名な昆虫学者・アランに協力を懇願する。
最初は「車イスのピートにジャングルは無理」とつっぱねるアランだったが、
2人の熱意にほだされ出発を決意する。

■感想?
ウィリアム・ハート、久々に見た気がする・・・。

『涙無くしては観れない、感動の物語』ってことで、
泣く気マンマンで行ったんですが、期待しすぎた感じ・・・。
真実を基にしたストーリーとのことですが、確かに感動はします。
ピート役の子の穏やかな表情とか凄く良いです。
「僕セザール~」の子も良かったけど、最近、子役が頑張ってますね。
で、いきなり青い蝶を捕まえに連れてってと頼まれた、アランが断った後、
彼の部屋を訪ねて、心変わりする様子や、アマゾンの奥地で徐々に
ピートと理解しあっていくような様子とか。
原住民の父娘や祈祷師みたいなおっちゃんとか、それぞれが良いです。
にも関わらず、なんかうそ臭さを感じるのはなぜなんでしょう。
真実を基にってことで、綺麗に見せようとしていたからなのか、
それともピートのママが、パニック映画にありがちな女性のヒステリーを
一瞬見せたからなのか。
ぶっちゃけ、「息子が死んだら生きていけないわ」なんて言う母が
ヒルに噛まれたくらいでギャイギャイ言う姿はいただけないっしょ。
って、自分がその立場になったら、間違いなく騒ぐんだろうけど。

でもって、私は、虫が苦手だったことを失念してました。
蝶も嫌いだし、バンバン映ってたイモ虫もその度にシートの中でもぞもぞしちゃった。
あと、ラストがちょっと強引に持っていきすぎかな。
強引というか急ぎすぎた感が拭えません。
せっかく丁寧に優しく流れていた時間が勿体ない。

優しさに触れたくなる1本。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
トスカーナの休日(Under the Tuscan Sun)
2004年08月11日 (水) | 編集 |
Tuscan ■トスカーナの休日(Under the Tuscan Sun)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : オードリー・ウェル
 ■出演 : ダイアン・レイン/サンドラ・オー/リンゼイ・ダンカン/
 ラウル・ボーヴァ/ヴィンセント・リオッタ
 ■面白度 : ★★★★
 ■場所 : bunkamura ル・シネマ2

■あらすじ
夫の裏切りは、まさに青天の霹靂。
サンフランシスコ在住の作家・フランシス(ダイアン・レイン)は、
離婚によって、住む家を失い、慰謝料まで払うはめに。
失意のどん底にある彼女を、親友のパティ(サンドラ・オー)が、
イタリアのトスカーナ地方をまわる10日間のツアーに強引に送り出す。
鬱々としたまま旅を続けるフランシスだったが、コルトーナという町で、
“ブラマソーレ(太陽に焦がれる)”の名を持つ築300年の売り家に一目で惚れ込み、
衝動買いしてしまう…。

■感想?
やっと観れたぁ♪
公開前から、絶対観たい!!と意気込んで、前売り券まで買っておきながら、
なかなかお尻が重かった1本。
どうも映画館に問題があると思う。
だって、渋谷の人ごみかき分けて行くのって苦手なんだよねー。
それと、15年目になる映画館のクッションぺちゃんこのシートも苦手。
でも、やっぱり観に行って良かった。

風景とか綺麗なんです。
イタリア好きーには堪りませんな。あーん、またイタリア行きたい病が・・・。
ホント、小さな街の風景一つとっても、うーって感じです。(どんな感じ?)
ストーリーの方も、クスッとなるところが幾つかあって、
映画の中でフランシスが「アメリカ女が考えそうなイタリア男のセリフ」
なんて言ってたけど、日本人女が考えそうなイタリア人気質とか、
思わず、あーやっぱり、みたいな。
しょっぱなの雷で、洗濯機がダンスするとことか、さすがにないでしょーとか思うけど。

個人的には、フランシスが一時付き合ったイタリア男も良いけれど、
不動産屋?のオヤジもかなり好みです。オヤジ好き♪


クスクス笑って前向きになれちゃう1本。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
モナリザ・スマイル(Mona Lisa Smile)
2004年08月08日 (日) | 編集 |
Mona Lisa Smile ■モナリザ・スマイル(Mona Lisa Smile)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : マイク・ニューウェ
 ■出演 : ジュリア・ロバーツ/キルスティン・ダンスト/
 ジュリア・スタイルズ/マギー・ギレンホール
 ■面白度 : ★★★
 ■場所 : 新宿武蔵野館1

■あらすじ
1953年の秋、ニューイングランドのウェルズリー大学は、
新しい美術史助教授キャサリン・ワトソンを迎えた。
オックスフォード大学に劣らない名門を誇る一方、
“米国一保守的”という評判を持つ女子大に、新しい風を吹き込みたいと思っていた。
しかし、最初の授業の日、「教科書を全て暗記してきた」生徒全員が
キャサリンを無視して一方的に授業を進め、最後には授業をボイコットしてしまう。
想像以上に厳しい現実に悩むが、芸術を自分の目で見、
考え感じることを教えるキャサリンの授業は、次第に生徒たちの心を掴んでいく。

■感想?
ジュリア・ロバーツが好きなので、結構楽しみにしていました。
でも、んー・・・。特にどうって事もなくって感じです。
ヒラリー・クリントンの自伝を素にした映画とのことですが、
なぜ今頃?って気持ちもあったり。

しかしまぁ、昔のアメリカ女性って凄いのね。
多分、今も上流家庭の人ってそうなんだろうけどさ。
夫をそれと気付かせずに操縦ですか~。恐いねぇ。
それに、頭の良い生徒って言うのは、ボイコットの仕方も違うのねぇ。
だって、教科書やら参考文献やら片っ端から読んでるなんて、私には無理よ。

時代背景が昔過ぎるせいか、登場人物の誰にも共感が持てなかった。
消化不良ですな・・・。
でもって、今回、再確認したのは、私はキルスティン・ダストンは好きぢゃない!
ってことくらいでしょうか。
なんか表情が苦手なんでふー。

消化不良気味な1本。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
ドリーマーズ(The Dreamers)
2004年08月04日 (水) | 編集 |
DREAMERS ■ドリーマーズ(The Dreamers)
 ■製作 : 2004年/イギリス・イタリア・フランス
 ■監督 : ベルナルド・ベルトルッチ
 ■出演 : マイケル・ピット/エヴァ・グリーン/ルイ・ガレル/
 ロバン・レチーヌ/アンナ・チャンセラー/ジャン=ピエール・レオー
 ■面白度 : ★★★
 ■場所 : 新宿武蔵野館2

■あらすじ
1968年、5月革命前夜のパリ。
アメリカ人留学生マシュー(マイケル・ピット)は、
映画フリークが連日集うシネマテークで、とびきりクールな双子の姉弟
イザベル(エヴァ・グリーン)とテオ(ルイ・ガレル)に出会い、親しくなる。
誘われるままに双子のアパルトマンに転がり込んだマシューを待っていたのは、
近親相姦的な親密さを漂わせる姉弟と部屋にこもりきって過ごす退廃的な毎日だった。
そして、映画クイズに興じるうちに、ゲームの代償として、
テオの目の前で、イザベルと愛し合うことを強要されたマシューは…。

■感想?
音楽に惹かれて観に行ってきました。
映像もなかなか綺麗で、見慣れたアメリカ映画とは違うんだぞって感じです。

怪しげな双子の関係も、それに巻き込まれたアメリカ人青年マシューの
結局は完全に仲間には入れない状況も、なんとなーくパリなら似合うと
思えちゃうんだな、コレが。
(そんな時代を知っている訳ぢゃなく、たんなる思い込み・爆)

古い映画になぞられたシーンが色々なところに登場していて、
それも観ていて面白かった。ルーブルを駆け抜けるシーンとかね。
私には全然分からない映画ばっかりでしたが、分かる人だったらムフって
思うんだろうなー。

廃退的なパリの雰囲気に酔いそうな1本。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
ぼくセザール 10歳半 1m39cm(Moi, Cesar)
2004年08月03日 (火) | 編集 |
Cesar ■ぼくセザール 10歳半 1m39cm
 (MOI CESAR 10ANS1/2 1m39)
 ■製作 : 2003年/フランス
 ■監督 : リシャール・ベリ
 ■出演 : ジュール・シトリュク/マリア・ド・メディルシュ/
 ジャン=フィリプ・エコフェ
 ■面白度 : ★★★★ ■場所 : 新宿武蔵野館2

■あらすじ
学校で目立たない存在だったセザールは、
ある日突然、家を出て行った父親を刑務所に入ったものと思い込み、
学校中の同情を買う。
一躍悲劇のヒーローになったセザールだったが、
すべて勘違いだったことを知り、評判はガタ落ちに…。
そんな彼にやさしく声をかけてくれたのが、モルガンとサラだった。
親友となった3人は、生き別れた父親を探すため、ロンドンへ行きたいという
モルガンの望みを叶えるため、小さな冒険を計画するのだった。

■感想?
何度か予告編を観るたびに、思わずクスッっとなって気になってたんですよ。
面白かったぁ。
ちびっ子の演技もなかなかです。
特に主役のちょっと太めのセザールが可愛い。
って、かわいいーとか言うと、ちびっ子にとってはプライドが傷付くのよね。
しかも、ちびっ子を見て可愛いなんて思うのは、ババアの証拠だわ。
子供の頃って、大人にとっては何てことなくても、ホントに毎日がプチ冒険。
想像力は豊だし、なんていうかいけないことも、勢いでやってのける。
そんなワクワク感がたっぷりです。
フランス映画ってだけで、ちょっと構えちゃうけど、コレはそんな心配いりません。
さすがにモルガンのパパの部分は、「できすぎだろう!」って思ったけど、それもあり。

それにしても、最近の子供ってませてるよねぇ。
私がセザールたちみたいな冒険を試みたのって、もうちょっと
11歳とか12歳くらいの時だった記憶があります。
って言うか、いまだに似たようなことしてる部分もあるんですけどね。
精神年齢は13歳ですから~♪(爆)

童心に帰りたくなる1本。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。