スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海猿
2004年07月28日 (水) | 編集 |
umizaru ■海猿
 ■製作 : 2004年/日本
 ■監督 : 羽住英一郎
 ■出演 : 伊藤英明/加藤あい/海東健/伊藤淳史/藤竜也
 ■面白度 : ★★★
 ■場所 : スバル座


■あらすじ
人命救助のため、危険を冒して海の底深く潜る<潜水士>。
全海上保安官のうち、わずか1%しかなれないという海難救助の最前線を目指し、
選りすぐられた14名の若き保安官が50日間の厳しい研修に臨む。
潜水士は常にバディと呼ばれる相棒とペアで行動するのだが、
仙崎(伊藤英明)は劣等生の工藤(伊藤淳史)と組まされる。
工藤に足を引っ張られながらも、彼を励まし続ける仙崎。
厳しい訓練を通じ2人に強い絆が生まれた矢先、事件は起きた…。

■感想?
水曜日に観た2本目です。
珍しく邦画。
って言うか、71本観ていて邦画は「世界の中心」に続く2本目ってあたり、
邦画に対する意識がわかるってもんですな。

えっと、普通に面白かったです。
伊藤君が爽やかに素敵でした。(笑)
これって原作がコミックで、しかも海上保安庁から表彰されているため、
映画にも全面協力があったらしい。
なので、かなーりリアルに創られていました。
訓練とか大変なのね~。
でも羽目を外して飲み屋で遊ぶ姿なんて、ゴクゴク普通で
仕事人っていうより大学生とかのノリぢゃん、と思いました。
14人のメンバーがチームワークを深めていったり、
ラストなんて青春してるなぁと思いました。
ちょっと白い嵐っぽいけど。

溺れた人を助けようとして、一緒に溺れちゃうってやつ、凄く分かります。
私が中学生くらいの時、家族で海にいったんです。
で、小学生の弟が見事に溺れてくれまして、周りの人は気付かないし、
私が助けにいった事があるんです。
溺れてる人って、しがみ付いてくるんですよね。まぢで。
それぢゃ、一緒に溺れるしかないんです。
私の場合、弟にしがみつかれた地点はギリギリ足が届きました。
と、いっても頭のすぐ上が海面の状態でつま先が付くってやつ。
オマケに半歩下がると、ガクンと深くなってました。
で、どうしたか?というと、一緒に溺れるわけには行かないので
投げ飛ばしました。弟を(爆)
もちろん、深い方ぢゃなく浅い方へ。
でもって、弟が小学校低学年で軽かったし
火事場のクソ力ってヤツが発動したんだと思うんですけどね。
投げた反動で、自分は見事、深い方に落ち込んだけど、
弟はやっと駆けつけた父にしがみついて生還してました。良かった良かった。
で、教訓として二度と人命救助はしない、って学びました。(嘘)
するなら、溺れている人の背後に周り、顎の下あたりを腕に引っ掛けるべきらしい。
と、自己流の結論に達して現在に至ります。
でも、もう何年も水着着てないので、人名救助なんて縁がないけどねー。

とりあえず、邦画を敬遠しがちでしたが、時々は悪くない、と思える1本。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
キング・アーサー(KING ARTHUR)
2004年07月28日 (水) | 編集 |
KING ARTHUR ■キング・アーサー(KING ARTHUR)
 ■製作 : 2004年/アメリカ
 ■監督 : アントワン・フークワ
 ■出演 : クライヴ・オーエン/キーラ・ナイトレイ/ヨアン・グリフィズ/
 ステラン・スカルスゲールド
 ■面白度 : ★★☆(2.5)
 ■場所 : ヴァージンシネマズ六本木6

■あらすじ
ローマ帝国の栄華に陰りが見え始めた時代。
ローマのために数々の武勲を立ててきたアーサーと円卓の騎士たちは、
15年間の兵役を終え、それぞれの故郷に帰ろうとしていた。
だが教皇の権威を振りかざす司教は、彼らの兵役解除と引き替えに、
ブリテンに住むローマ人貴族を救出せよという予定外の任務を命じる。
ブリテン地方は、森に潜むゲリラ軍ウォード、
新たな侵略者サクソンの三つ巴の戦乱にさらされた危険な地域だった。
それでもアーサーと騎士たちは、今度こそ自由を得られると信じて
最後の任務へ出発してゆく…。

■感想?
なにコレ・・・?
こんなの「アーサー王と円卓の騎士」ぢゃないよ。(泣)
凄く楽しみにしていただけに、裏切られた気分倍増だった。
そりゃね、この物語って色んな説があるのは知ってるけど、
少なくとも今回のような話を期待していた訳ぢゃないですー。
冒頭で、私が期待してるのとはちょっと違うよ、的な字幕があったけど
ココまでとはなー。(ウダウダ、ウダウダ・・・)
だいたい、人物描写も厚みがなくて、がっかり。
2時間強にあれもこれもと入れようとすると、薄くなっちゃうんでしょうか?

唯一の救いなのは、ランスロットとトリスタンがかっこ良かったことかな(笑)
でも、二人とも中途半端なところで死んじゃうし・・・。
あーぁ、切なかったo

激しく肩透かしをくらった1本。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
イザベル・アジャーニの惑い(ADOLPHE)
2004年07月25日 (日) | 編集 |
Adolphe ■イザベル・アジャーニの惑い(ADOLPHE)
 ■製作 : 2002年/フランス
 ■監督 : ブノワ・ジャコ
 ■出演 : イザベル・アジャーニ/スタニスラス・メラール
 /ジャン・ヤンヌ
 ■面白度 : ★★☆(2.5)
 ■場所 : シネスイッチ銀座

■あらすじ
19世紀のフランス。
貴族の青年アドルフ(スタニスラス・メラール)は、仕事で訪れた田舎町のパーティーで美しい女性エレノール(イザベル・アジャーニ)と出合う。
エレノールはその町に住む伯爵の愛人で、10歳も歳上だったが、興味を持ったアドルフは彼女を誘惑。
最初は拒んでいたエレノールだが次第にアドルフにひかれ、ついには伯爵と離縁。
しかし当初の熱が冷めたアドルフは、自分を頼るエレノールが疎ましくなってくる。
世間に拒絶されながらも2人の関係は続いていくが…。

■感想?
う~ん。分からん。
正直なところ、この一言で終わりそう・・・。
映像というか、衣装とか綺麗なんですよ。
アジャーニも、年齢不詳の綺麗さだし。(褒めてます)
ただねー。「だから、どうしたの?」と言う感じ。
10歳も年上の愛人が、若い男に走って、二人で不幸になる、みたいな。
男は大臣の息子で、刺激を求めて恋をしかけて、
結局自分も嵌っちゃったってことなんですよねぇ?
でもって、アジャーニは愛人の伯爵も子供も捨てて若い男に走ったくせに、
急に金持ちに復帰した父親の財産を相続する都合の良すぎる展開。
最後は、「もう愛していない」なんて言われて、
アジャーニは、あっけないくらいコロっと死んぢゃうし、
男は実は愛してたアジャーニを失って僕ちゃん悲しい。ってことなの?
(誰に確認してるでしょう?)

この時のアジャーニの実年齢が50歳近いってことに驚いた1本。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
バレエ・カンパニー(THE COMPANY)
2004年07月21日 (水) | 編集 |
COMPANY ■バレエ・カンパニー(THE COMPANY)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : ロバート・アルトマン
 ■出演 : ネーヴ・キャンベル/マルコム・マクダウェル/
 ジェームズ・フランコ/ジョフリー・バレエ・オブ・シカゴのメンバー
 ■面白度 : ★★☆
 ■場所 : 朝日生命ホール

■あらすじ
シカゴに本拠地を置くバレエ団、ジョフリー・バレエ・オブ・シカゴの稽古場。
ダンサーの1日はバーレッスンから始まる。
同じバレエ団のノエルとつきあっていたライだが、彼の浮気が発覚し別れることに。
芸術監督であるミスターAは、独裁的にバレエ団を取り仕切っているが、
それでも予算を獲得するためには労をいとわない。
ライはマイラの怪我によって主役のチャンスを手に入れる。
彼女は本番で見事に踊りきり、ミスターAの称賛も浴びる。
そしてバレエ団はいよいよ新作「青い蛇」に挑むことになる。

■感想?
試写会に行ってみました。
えーっと、バレエ好きの人には楽しめるのではないでしょうか。
大好きなフランコが出てるので、観たいけれどお金を払ってまで観に行くのはなー
と思っていた私としては、試写会で良かった(ホッ)と言うのが本音ですが。
色々な作品をちょっとずつ、つまみます。
登場人物はネーヴ・キャンベル以外みんな、本物のバレーダンサーということで
確かに素晴らしいと思います。
ネーヴ・キャンベルも、子供の頃バレエをしていた、と言うだけあって
とても素敵にクルクル踊ります。
が、映画を観ていると言う感じぢゃないです。
フランコだって存在感はある(私が意識し過ぎてるだけ)けど、
別にどうってことないし。身体は惚れ惚れしちゃったけど。
バレエ会の裏側をドキュメンタリーのように覗いている、ってところでしょうか。

私も子供の頃、バレエを習いかけたことがあります。
保育園のお友達と一緒にスクールに通う話があったのですが、
その子が、おやつとか食べられなくなる(食事制限がある)から嫌って言って
いつの間にかなかったことになったのですが。
脚とか痛そうだし、大人になった今は観客で良いやと思います。

体験入学(?)用の1本。

テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
シュレック2(SHREK 2) 吹き替えVer.
2004年07月15日 (木) | 編集 |
Shrek ■シュレック2(SHREK 2)
 ■製作 : 2004年/アメリカ
 ■監督 : アンドリュー・アダムソン/ケリー・アズベリー/
 コンラッド・バーノン
 ■声優 : 濱田雅功/山寺宏一/藤原紀香/竹中直人/ジョン・カビラ
 ■面白度 : ★★★★ ■場所 : 国際ホールC(試写会)

■あらすじ
シュレックとフィオナ姫が、ハネムーンから戻ると、家の外が騒がしい。
<遠い遠い国>の国王と王妃からの使者が「娘フィオナの結婚を祝う舞踏会」への招待状を届けに来たのだ。
気の進まないシュレックをフィオナが説得して、一行は城に向う。
民衆の大歓迎を受け、城に到着するが、シュレックをひと目見るなり、国王は大激怒。
自分が人間になれば、フィオナとの結婚が認められると思ったシュレックは、「幸せになる薬」を手に入れるため、妖精の工場に忍び込む。
そこに、シュレックの命を狙う、黒く小さい影が立ちはだかった!

■感想?
「日本語吹き替え版が観たい!!」と騒いでいたら、
招待のハガキが届きましたぁ♪
日頃の行いが良いって事で(強引)、早速、観てきましたよ~。

んー、結論から言うと、個人的には字幕版が良いかも。
竹中直人さんの長靴ネコや、山寺宏一さんのドンキー、
藤原紀香さんのフィオナは良いと思うんですよ。
でもねでもね、シュレックが関西弁なのがちょっと抵抗あり~。
前作でも浜ちゃんが声を担当しているのだから、当然なのかもしれませんが、
私は、吹き替え版を好んで観る事はないので、
初の関西弁シュレックだったんですよねー。
で、ちょっと「わおっ!!」って感じでした。
それと、笑いに慣れてしまったせいかも知れませんね。
でもって、字幕だと英語の勉強を兼ねて、フムフムってできるのに、
文字数制限のないはずの吹き替えの方が、
微妙にニュアンスが違うような気になっちゃったんですよ。
(単純に私の英語力がないだけか?)
でもって、いくら吹き替え版だとしても看板に訳をつけたり、
フック船長の哀愁たっぷりの歌も、日本語にしてくれれば良かったのに
って思っちゃいました。

立て続けに繰り返し見るほどのこともない、と思われそうな1本。

テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
スパイダーマン2
2004年07月14日 (水) | 編集 |
spiderman2 ■スパイダーマン2(spiderman2)
 ■製作 : 2004/アメリカ
 ■監督 : サム・ライミ
 ■出演 : トビー・マグワイア/キルスティン・ダンスト/
 アルフレッド・モリーナ/ジェームズ・フランコ
 ■面白度 : ★★★★☆(4.5)
 ■場所 : ヴァージンシネマズ六本木7

■あらすじ
グリーン・ゴブリンとの死闘から2年。
青年ピーターの生活は多忙を極めていた。
大学で科学を専攻する傍ら、バイトに明け暮れる毎日。
そしてひとたび事件が起これば、スパイダーマンとなってニューヨークの街を飛び回る。
一方、女優の夢を実現させたメリー・ジェーンは、ピーターへの想いを断ち切り、新しい恋人との未来を踏み出そうとする。
孤独な日々に疲れきったピーターは、ついにスパイダーマンを辞める決心を固めるのだった。
だがそんな時、最強の敵ドック・オクが出現。
ピーターはヒーローとしての決断を迫られる!

■感想?
やっと観てきたぁ♪
もぉ、この映画大好きです。
シュレックに続いて、こちらもpart2ですが、とても良かったナリ。
まぁ、私の場合、前作でジェームズ・フランコに惚れ惚れしたコトもあり、
ちょっとだけ彼の控え目っぷりな登場が淋しかったりしたのですが。

この話に出てくる人って、ヒーローも悪役も皆が皆それぞれの役に徹しきれないっていうのが良いですよね。
ピーターなんて、ヒーローであることにストレスを感じて、何度も落下してるし。
(っていうか、クモになっただけで落ちても大丈夫なのか?)
Dr.オクトパスだって、色々葛藤しているし。
大好きなハリーは女々しいし(爆)
唯一嫌いなのは、MJだな。
彼女の良さが全然分からないです。(あの女優さんが嫌い)
あんな女にドタキャン食らった宇宙飛行士が一番不幸なんぢゃないだろうか?ププ。

途中、何度か出てくる、しょーもないベタなシーンは、
スパイダーマンてコミックなのね、って改めて気付かせてくれます。
さり気なくビックリしたのは、ラストであっさりと
スパイダーマンの正体がバレたこと。(この先どうすんの?)
あーん、早くもスパイダーマン3が楽しみですわん。

珍しく当たりなアメコミ映画の1本。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
シュレック2(SHREK 2) 字幕ver.
2004年07月08日 (木) | 編集 |
shrek2 ■シュレック2(SHREK 2)
 ■製作 : 2004年/アメリカ
 ■監督 : アンドリュー・アダムソン/ケリー・アズベリー/
 コンラッド・バーノン
 ■声優 : マイク・マイヤーズ/エディ・マーフィ/キャメロン・ディアス/
 アントニオ・バンデラス/ジュリー・アンドリュース
 ■面白度 : ★★★★☆(4.5) ■場所 : ヤマハホール

■あらすじ
シュレックとフィオナ姫が、ハネムーンから戻ると、家の外が騒がしい。
<遠い遠い国>の国王と王妃からの使者が「娘フィオナの結婚を祝う舞踏会」への招待状を届けに来たのだ。
気の進まないシュレックをフィオナが説得して、一行は城に向う。
民衆の大歓迎を受け、城に到着するが、シュレックをひと目見るなり、国王は大激怒。
自分が人間になれば、フィオナとの結婚が認められると思ったシュレックは、「幸せになる薬」を手に入れるため、妖精の工場に忍び込む。
そこに、シュレックの命を狙う、黒く小さい影が立ちはだかった!

■感想?
試写会行ってきましたぁ。
いや~、笑った笑った。暑さもぶっ飛んだよ。
映画って、「2」とか付くのって滑るパターンが多い中で、コレは偉い!
パロディ満載で、お腹痛くなるくらい笑っちゃいました。ププ。
でもって、新キャラの“長靴をはいたネコ”が、めちゃめちゃラブリーなのよ。
ネコ好きにはたまらんね。
ヘアボールで、もろツボに嵌って、復活するのに一苦労しちゃったさ。
あんな可愛いキャラのクセに、声がバンデラスってとこも良い。

帰りの電車内で、いったいどれだけのパロがあったのか、数えっコしたんだけど、自分の気付いてないものとかもあって、うわ~ん。勿体無い!って感じ。

今回は、字幕版を見たのだけれど、吹き替え版も絶対見たい♪
竹中直人さんがどんな、長靴ネコを演じるのか、超興味あるなー。

ってことで、数日後に日本語吹き替えver.を観てしまった1本。
テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
ヴェロニカ・ゲリン(VERONICA GUERIN)
2004年07月03日 (土) | 編集 |
VERONICA ■ヴェロニカ・ゲリン(VERONICA GUERIN)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : ジョエル・シュマッカー
 ■出演 : ケイト・ブランシェット/ジェラルド・マクソーレイ/
 バリー・バーンズ/シアラン・ハインズ/ブレンダ・フリッカー
 ■面白度 : ★★★☆(3.5)
 ■場所 : 恵比寿ガーデンシネマ2

■あらすじ
サンデー・インディペンデント紙の記者、ヴェロニカ・ゲリンは、
ダブリンの子供たちが麻薬に溺れ、売人たちが富を得る現状を見て、
麻薬犯罪の取材を始める。
知り合いの犯罪者や警察のコネを使い、危険な取材を強行するヴェロニカ。
やがて彼女に、警告が発せられる。
愛する家族、自分の体を危険に晒しながらも、
脅しに屈せず取材を続けたヴェロニカは、やがて麻薬組織のボス、
ギリガンにたどり着く。
そしてある日、ヴェロニカの運転する車の横に一台のバイクが近づいた…。

■感想?
観たいな~と思っていた1本。
来週の金曜日までらしいので、観てきました。

『ロード~』の奥方様が、正義感溢れるジャーナリストとして登場です。
コレは、実際に起きた事件の映画化です。
ハッキリとは覚えてないけど、当時のニュースで、この事件が記憶の片隅にありました。

えっとまずまず良かったです。
なんだか、正義感の強さが鼻に付くかな?とか思わなくもなかったけれど、
脅しに怯える姿や、怯えていることを知られないようにとする姿が
彼女は普通の人だったのだ、と教えてくれます。
ヴェロニカは、ただ正義感が強いパーフェクトな人っていう訳ぢゃなく、
数えきれないほどスピード違反やら駐車違反の切符を切られているし、
闇の部分を暴く為に、犯罪者を利用しているのですが、それもまたリアルです。
(マスコミも警察も少なからず、犯罪者と繋がりがあるっていうことです)

なんにせよ、誰かの死がきっかけで国が動くって言うのは、
どこの国も同じなんだなーって思いました。
今回は、ヴェロニカの死後、僅か一週間で法律が変わったんですよ。
これって、凄い。
でも、もっと早く変わっておけば、もしかしたらまだ彼女は生きていたかもしれない。

社会派映画に感化される1本。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。