スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
007_ワールド・イズ・ノット・イナフ
2004年03月27日 (土) | 編集 |
THE WORLD IS NOT ENOUGH ■007_ワールド・イズ・ノット・イナフ
 (THE WORLD IS NOT ENOUGH)
 ■製作 : 1999年/イギリス
 ■監督 : マイケル・アプテッド
 ■出演 : ピアース・ブロスナン/ソフィー・マルソー/
 ロバート・カーライル/デニース・リチャーズ/ロビー・コルトレーン
 ■面白度 : ★★★ ■場所 : 自宅(TV)

■あらすじ
MI6本部内で石油王ロバート・キング卿が爆殺された。
ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)は作戦会議上で、M(ジュディ・デンチ)から事件の主犯が元KGBのテロリスト、レナード(ロバート・カーライル)であることを知らされ、彼が卿の娘エレクトラ(ソフィ・マルソー)を狙っていることを知る。
父の後を継ぎ、ロシアから中近東、ヨーロッパとまたがる巨大石油パイプラインの計画に取り組むエレクトラの護衛についたボンドだが、ミステリアスな彼女に翻弄されながらもお互いにひかれていく。
そんな矢先、レナードが核研究所から大量のプルトニウムを盗んだ。
クリスマス・ジョーンズ博士(デニーズ・リチャーズ)と行動を共にしたボンドは、レナードが核兵器を作り上げ、世界を危機に陥れる計画を立てていることを知る。
かくしてボンドはレナードの陰謀を阻止すべく奔走し、事件の背後に隠された意外な事実を知るのだった。

■感想?
自宅でクッションを抱えながら、のんびり見ました。
ピアース・ブロスナン、好きなんです。
ボンド役になる前から、お気に入りだったのですが、ボンドになってからもますますウキキです。(なんだそれ)
007はいつも同じようなパターンで、安心して観ていられるのが良いですな。
なんか、水戸黄門を好むお年寄りの心境みたい?
実は今回も前半の1時間を見たあたりでやっと、「あっ、これ見たことある」
って気づいた程、印象に残るような残らないような微妙さが好きです。
毎回色んな発明をしてくれるおじいちゃん、Qだっけ?もお気に入りです。
造るそばからボンドに壊されるのだから、さぞかし造り甲斐があるでしょう。(笑)

・・・肝心なストーリーに全然触れてない。
まぁ、これは何も考えずボーっと観るのが正解だと思うのでそれもアリかな。
えっと、ボンドがロシア人として潜り込むのは絶対無理がありすぎます。
ばれない方がおかしい。
でも、ありえないことを挙げるときりがないのでやめておきます。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
タイムリミット(OUT OF TIME)
2004年03月24日 (水) | 編集 |
OUT OF TIME ■タイムリミット(OUT OF TIME)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : カール・フランクリン
 ■出演 : デンゼル・ワシントン/エヴァ・メンデス/
 サナ・レイサン/ディーン・ケイン/ジョン・ビリングスリー
 ■面白度 : ★★★☆(3.5)
 ■場所 : 銀座ガスホール(試写会)

■あらすじ
フロリダの小島、バニアン・キーの警察署長・マットは、住民の信望も厚い実直な警察官。
そんな彼の秘密は、高校時代の後輩・アンと不倫関係にあること。
ある日マットはアンの通院に付き添い、彼女が末期ガンで余命僅かということを知る。
いたたまれないマットは署に保管された証拠品の現金を持ち出し、最後の望みをかけた高額な治療を受けるよう、アンに現金を手渡す。
だがその晩、アンの自宅が火災で焼失。
アンと夫の遺体が見つかる。
呆然とするマットの前に現れたのは、殺人課の刑事でマットの別居中の妻・アレックスだった…。

■感想?
3/24は映画のハシゴをしたんです。
って言っても、こちらは試写会ですが。

デンゼルが出演するサスペンスは、ソツがないと言うところでしょうか。
今回、ちょっとコメディちっくな動きもしていて、笑えます。
本当は★×3でも良いのですが、同日に観てしまったレジェンド~の後では結構、採点が甘くなってしまうのも仕方ないかな。
っていうか、レジェンド~に対して辛過ぎた?!

マットの同僚?であり友人でもある、お腹がちょっと出ている検死官の人がなかなか良い味出していました。
彼のようなお茶目さんは好きです。
不審人物を目撃したおばあちゃんも、かわいかったです。
事件が起きてから解決まで、凄く色々あるけれど、あれって1日のこと?
冷や汗かいちゃう感覚がリアルだったのは、なぜでしょう。(ニヤリ)
展開は読めちゃうものの、十分スリルを味わえました。

別居中の奥さんを愛しているのに、不倫相手の元同級生の為に横領?できちゃう神経はちょっと理解できなかったけど・・・。

テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
レジェンド・オブ・メキシコ(ONCE UPON A TIME IN MEXICO)
2004年03月24日 (水) | 編集 |
ONCE UPON A TIME IN MEXICO ■レジェンド・オブ・メキシコ
 (ONCE UPON A TIME IN MEXICO)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : ロバート・ロドリゲス
 ■出演 : アントニオ・バンデラス/ジョニー・デップ/
 ウィレム・デフォー/ミッキー・ロークサルマ・ハエック
 ■面白度 : ★★☆(2.5) ■場所 : ヴァージンシネマズ六本木5

■あらすじ
たった1人で2つの町を始末した伝説の男、エル・マリアッチ(アントニオ・バンデラス)。
その噂を耳にしたCIA捜査官サンズ(ジョニー・デップ)は、この国で起ころうとしているクーデター計画を潰すため、マリアッチに将軍マルケスの暗殺を依頼する。
マリアッチにとって、マルケスはかつての恋人を殺した敵だった。
マルケスを裏で操る麻薬王バリーリョ(ウィレム・デフォー)は、クーデターによって政府を我が物にしようと暗躍する。
男たちの思惑が幾重にも交錯し、メヒコの大地に激戦の時が訪れようとしていた…。

■感想?
実は、全然観る気はなかったのですが、諸事情により観てきました。
う~ん・・・。
正直、1800円払ってまで観る必要はないんぢゃないかと思いました。
レディースdayの1000円でも高いかも。
いや、それなりに面白いんですけどね。
バンデラスは、濃いな~。ギター抱えて撃ちまくるのは凄いけど、みんな飛びすぎてた。
デップもお茶目さを出してました。私も腕欲しい。
ミッキー・ロークはずいぶん汚くなってたし、クゥちゃんは世界規模でブームなのでしょうか??
ついでに言うと、階段を小道具を使って滑り降りるのは、某ファンタジーのパクリっぽくて笑えました。
哀愁たっぷりのメロディ、嫌いぢゃないんですけどね。
あれだけ色々仕込んでたら、音なんかならないだろうとか思うけど。
火を吹いたり、リモコン操作したり、ギター大活躍してました。
余計なことを考えず、頭空っぽの状態で観て、それなりに笑えるんだけど、それだけ。
色々楽しそうだけど、私は楽しくないって感じ。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
リーグ・オブ・レジェンド(THE LEAGUE OF EXTRAORDINARY GENTLEMEN)
2004年03月21日 (日) | 編集 |
THE LEAGUE OF EXTRAORDINARY GENTLEMEN ■リーグ・オブ・レジェンド
 (THE LEAGUE OF EXTRAORDINARY GENTLEMEN)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : スティーブン・ノリントン
 ■出演 : ショーン・コネリー/スチュアート・タウンゼント/
 ペータ・ウィルソン/ショーン・ウエスト/トニー・カラン/
 ■面白度 : ★★★☆(3.5) ■場所 :シアターアップル

■あらすじ
1899年。ロンドンの中心にある英国銀行が襲撃され、海上の都市ベニスの設計図面が奪われた。
犯人は、世界戦争を企む鉄仮面の男ファントム。
間もなくベニスで開かれる極秘の和平会議を攻撃しようとしていた。
英国政府は、アフリカで暮らす冒険家アラン・クォーターメインに呼びかけ、超人を集めた対抗グループ、「ザ・リーグ」のリーダーになるよう依頼する。
世界の危機を知らされたクォーターメインは、それぞれ特異な能力を持ったメンバーと共に、ベニスへと向かうのだが…。

■感想?
とっくにDVDになっているけど、大きなスクリーンで観たくって。
コネリーが好きなので、公開当時から観に行くつもりだったのに、あまり評判が良くなかったり、ウダウダしてるうちに観はぐってました。
で、今回、再挑戦。
なかなか、楽しめましたよ。
子供の頃とかちょっと前とかに読んだ本の主人公たちが勢揃いするんですから。
『ドリアン・グレイの肖像』って本が結構好きなので、彼の登場には顔が緩んでしまいました。(笑)
スチュアート・タウンゼントカッコ良い♪
トム・ソーヤは、ずいぶん成長してました。
ドラキュラ女は、お日様に当っても死なないらしいです。
ペーター・ウィルソン綺麗♪
ジキル&ハイド氏は、っていうかハイド氏は超人ハルクみたいだった。(笑)
透明人間にもそれなりに苦労があるのねって思ったし。
そして、ネモ船長。ごめんなさい。海底20000マイルでしたっけ?
その本だけは読んだことがありませんでした。
でも、素敵な船長でした。“海洋の剣”凄すぎた。
あれでベネツィアの水路まで入り込むのはちょっと無理がある気がしたけど。
って言うか、あの街に車を走らせるのもちょっと・・・。
サンマルコ寺院も崩れてたっけ。(ありえない)
でもって、Mr.M。まさかモリアーティ教授だったとは。(爆)
ココまできたら、ホームズ先生にも出演して頂きたかったです~。

そして最後は、コネリー。
あーん。この人やっぱりカッコ良い。
若い頃の油たっぷりはイヤだけど、オヤジになってからはピカイチでした。

贅沢に美味しいところが集まって、単純に楽しむには良い映画でした。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
マスター・アンド・コマンダー(MASTER AND COMMANDER)
2004年03月17日 (水) | 編集 |
MASTER AND COMMANDER ■マスター・アンド・コマンダー
 (Master and Commander: The Far Side of the World)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : ピーター・ウィアー
 ■出演 : ラッセル・クロウ/ポール・ベタニー/マックス・パーキス/
 ジェームズ・ダーシー/マックス・ベニッツ
 ■面白度 : ★★★★☆(4.5) ■場所 : ヴァージンシネマ六本木6


■あらすじ
1805年、英国海軍サプライズ号は、祖国を遠く離れた海上で、フランスのアケロン号と対峙していた。
数々の英国船を沈めてきた敵船に怯え、異様な緊迫に包まれる船内。
そこにはあどけない少年士官の顔も見られた。
だが彼らにはジャック・オーブリー船長の存在があった。
船員たちが“幸運のジャック”と慕う彼は、幾多の苦境を乗り越えてきた百戦錬磨。
12歳の士官候補生ブレイクニーも、船長の勇姿を眩しそうに見つめる。
そんなある夜、サプライズ号は霧の中から現れたアケロン号の奇襲を受け、ブレイクニーも右腕を失ってしまう…。

■感想?
面白かったです。
予告編がJAROに訴えられたり、なんだかんだズルズルと機会を逃していて観に行くのやめちゃおうかとも思っていたんですが、行って良かった!
あんなに広い海の上で、どうしてそうしょっちゅう、アケロン号と出くわすのかはちょっと謎だけど。
ラッセル・クロウのオリーブ船長もなかなかでしたが、個人的には、お医者さんと副艦長でしょう。
二人ともカッコ良い。
スティーヴン医師は麻酔なしで、自分のオペをしちゃうし(有り得ないでしょう)
トーマスは顔の傷に惚れました~v
ブレイクニーも優しくてまっすぐな性格がかわいかったです。
船乗りって迷信深いんだなぁ・・・と思いつつ、あんなに揺れるハンモックでは絶対に眠れないとか考えてたさ。
船長とドクターが二人でギーコギーコするシーンも優雅です。
あの音楽、良いなぁ。
ガラパゴスの水の色も綺麗でした。
アカデミーだって一応ノミネートされてるんだし、変なCMぢゃなかったら、もっと集客望めたんぢゃないでしょうか??

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
恋愛適齢期(SOMETHING'S GOTTA GIVE)
2004年03月15日 (月) | 編集 |
SOMETHING'S GOTTA GIVE ■恋愛適齢期(SOMETHING'S GOTTA GIVE)
 ■製作 : 2003年/アメリカ
 ■監督 : ナンシー・メイヤーズ
 ■出演 : ジャック・ニコルソン/ダイアン・キートン/キアヌ・リーブス
 ■面白度 : ★★★★
 ■場所 : ヤマハホール


■あらすじ
54歳のバツイチ劇作家、エリカは、娘のボーイフレンドが63歳の業界人ハリーだと知り、驚きを隠せない。
ハリーは30歳以下の女性にしか興味を持たないプレイボーイ。
そんなハリーが突然心臓発作を起こし、エリカの別荘で療養することに。
ハリーの担当医となった青年医師ジュリアンは、エリカに一目惚れし、純粋に想いを伝えてくるが、共同生活を始めたエリカとハリーは次第に惹かれあい、ついに結ばれる。
しかし、自分の気持ちに戸惑うハリーは、再び若い女性のもとへ…。

■感想?
試写会に行ってきました。
しかも、初めて弟と。(爆)
面白かったぁ~。
ラブ・アクチュアリーの時もかなり笑いましたが、今回はそれ以上!!
ジャック・ニコルソン最高♪
一見汚いオヤジなのに、演技最高。
ダイアン・キートンも素敵です。
実際の年齢は知りませんが、54歳の役です。
顔とか首筋とかそれなりの年齢を感じさせるのですが、笑顔とかしぐさとか凄いかわいいんです。
うちの母が54歳だったら、こんなにかわいくなれないだろーなーって。
っていうか、自分もこんな素敵なババア(失礼)になりたいものです。
タートルネックの洋服って、好きぢゃないけど、年齢を重ねると必需品になるのでしょうか?
キアヌは、正直マトリックスのときともそれ程カッコ良いとは思わなかったけどおでこが綺麗でした。
久々に、当りの1本だった気がします。

テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画
かげろう(LES EGARES)
2004年03月12日 (金) | 編集 |
LESEGARES ■かげろう(LES EGARES)
 ■製作 : 2003年/フランス
 ■監督 : アンドレ・テシネ
 ■出演 : エマニュエル・ベアール/ギャスパー・ウリエル/
 グレゴワール・ルブランス・ランゲ/クレメンス・メイヤー
 ■面白度 : ★★
 ■場所 : シネスイッチ銀座2

■あらすじ
第二次世界大戦最中の1940年、戦火を逃れてパリから南ヘ向かう人々の列を、ナチス・ドイツ空軍の機銃掃射が容赦なく襲う。
幼い息子と娘を連れた未亡人のオデール(エマニエル・ベアール)は、恐怖と疲労から半ば放心状態で立ち往生してしまう。
そこへ突如現れた見知らぬ若者(ギャスパー・ウリエル)が親子を窮地から救い出す。
イヴァンと名乗る若者は、オデールたちを安全な森の奥へ誘う。
空き家となっている他人の屋敷でオデール親子とイヴァンの奇妙な共同生活が始まるのだった…。

■感想?
仕事帰りに銀座へ移動して観てきました。
2月の頭からずっと観ようと思いつつ、ずれ込んだ1本。
なんだけど、観れなくても後悔しなかったんぢゃないかな・・・。
うーーー。
やっぱり私にはフランス映画って理解できないらしい。
映像とかは、綺麗なんですよ。
戦争中の話だけど、ほとんど残酷なシーンはなく、隔離されたのどかな世界。
でも、何が言いたかったのか。
わかるような、わからないような。
まぁ、疲れていたってこともあるのだけれど、思わずウトウトしてしまいました。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
悪い男
2004年03月06日 (土) | 編集 |
waru ■悪い男
 ■製作 : 2001年/韓国
 ■監督 : キム・ギドク
 ■出演 : チョ・ジェヒョン/ソ・ウォン
 ■面白度 : ★★★☆(3.5)
 ■場所 : 新宿武蔵野館1


■あらすじ
繁華街のベンチに座る女子大生キム・ソナに目を止めたヤクザのハンギ。
無視されたハンギは、やって来たボーイフレンドとの幸せそうなソナの姿を見て、強引に彼女の唇を奪う。
軍人に取り押さえられたハンギにツバを吐きかけるソナ。
そしてハンギは復讐のためか屈辱を晴らすためか彼女を罠にかけ、売春宿へと売り飛ばす。
客をとる彼女の姿をマジックミラーの陰で見つめるハンギ。
2人の間にあるのは憎しみなのか、それとも愛なのか…。

■感想?
悪い男です。
でもって、それ以上に怪我の絶えない男です。
叩かれたり、唾をかけられたりは序の口でした。
レンガで頭叩かれるわ、ガラスでお腹刺されるわ、ナイフで刺されるわ。
ナイフで刺された時は、さすがに死んじゃうと思いました。
子供の頃見た、アカチンみたいな色の血を大量に流してたし。
でも生きてた。(笑)って言うか病院すら行ってないし。不死身か??

えっと、ストーリー的なことを言うと、嫌いじゃありません。
ココまで屈折した愛もアリでしょう、と思いながらラスト近くまで観てました。
もちろん、こんな愛情を向けられるのは、ちょっと遠慮しますけど。
最近愛情に飢えてるせいか、こんなのもアリって思えるんです。(ヤバイ)
ハンギなにげにカッコ良いし、強い。
こんな人なら、惹かれちゃうかなって思える。
でもね、でもね。
ラストがどうにも気に食わない。
堕ちる所まで堕ちると、平気になるのでしょうか??
愛しちゃったら受け入れられるのかな?
いやいや、私には無理だな。(結論)

ナイフで刺されて終わってくれるか、這い上がって欲しかったです。
って言うか、ハンギ本当に愛なのか?
帰りの電車で違うんぢゃないかって気になりました。

写真とか赤いドレスの女性とか、ちょっと謎。

でも、久々の映画だったせいか、それなりに楽しめました。
途中までは★×4の勢いだったんですよ、本当に。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。