スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナルニア国物語 / 第2章:カスピアン王子の角笛(The Chronicles of Narnia: Prince Caspian)
2008年11月29日 (土) | 編集 |

ナルニア国物語 / 第2章:カスピアン王子の角笛

■ナルニア国物語 / 第2章:カスピアン王子の角笛の感想?
CSルイスのファンタジー第二弾。
前作でかなりがっかりしたので、映画館での公開はスルー。
DVDも借りる予定はなかったはずなんだけど、なぜか借りてしまった。
って言うか、前作から時間経ちすぎてて、内容とか殆ど記憶にないんですけど。
(まぁ、あらすじを知っていれば、それほど苦労しないかもしれない)

で、まったく期待していなかったのが良かったのか、そこそこ楽しめた感じ。
次男のエドマンだっけ?成長したよねー。
逆に長男長女組みは、大人になりすぎてしまったせいか、なかなかファンタジーに溶け込めない。
カスピアン王子はもっと苦悩の人なんだろうと勝手に想像していたんだけど、違ったw
ピーターと責任の擦り付け合いなんかやらかして。おいおい・・・。
「ナルニアのため!」は良いとして、「アスランのため!」って号令はいかがなものかと思ったり。
今回は戦闘シーンもそれなりに多いです。
ディズニーらしくないという話も聞くけど、まぁ、これはこれで良いんじゃないかと。

ラストギリギリで漸く登場したアスランは、前作よりもライオンらしくて良かったな。
川っぺりでお座りの姿勢で皆とお喋りするシーンはちょっと笑っちゃいそうになったけど。

シリーズものにしては珍しく、前作よりも楽しめた1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■ナルニア国物語 / 第2章:カスピアン王子の角笛(The Chronicles of Narnia: Prince Caspian)
■製作 : 2008年/アメリカ/140min
■監督 : アンドリュー・アダムソン
■出演 : ジョージー・ヘンリー/スキャンダー・ケインズ/ウィリアム・モーズリー
 アナ・ポップルウェル/ベン・バーンズ
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
白い魔女に勝利してから1年。
現実に戻ったペベンシー4兄妹は、角笛の音に導かれ再びナルニア国へと舞い戻ってきた。
しかし、この国の時間ではすでに1300年が経過しており、平和で美しい魔法の国は暴君ミラースに支配されていた。
荒れはてたナルニア国を目にした4兄妹は、この国の王位継承者であるカスピアン王子と出会う。
スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
幻影師アイゼンハイム(The Illusionist)
2008年11月28日 (金) | 編集 |

幻影師アイゼンハイム

■幻影師アイゼンハイムの感想?
ピューリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの短編だそうです。
(知らんて)
エドワード・ノートンは、特別好きな役者じゃないんだけど、出演作が結構記憶に残ってるのが不思議。

タイトルは勿論、彼の職業からしてこういう転回なんだろうなーと思いながら見ていれば、まさしくその通りになりました。
まぁ、そのイリュージョンぷりは見事だし、ワクワク楽しめたりなんかするんだけどね。
ラストの種明かしも、ある種の爽快感を残してくれるんだろうけど・・・。

なんて言うかアレだね。
二人で一緒にいるためには、皇太子を殺さなくちゃいけないんだー。
自殺だけどさ。
ウィーンの将来よりも愛を選択した二人ですよ、はい。
皇太子は聖人じゃないし、それなりにあくどいことを積み重ねてきた人なのだと説明されていても、なんとなーくモヤモヤ?
これって、自分が枯れてるからなのかねー。
素直にロマンチックだぁ!とは言えなかったりなんかして。

まぁ、彼が舞台で見せた幻想的なトリックは、不思議のまま残るので(オレンジの木は種明かし的なページをチラッと覗けちゃったけど)、その部分だけを見れば、プレステージよりも夢を壊されずに済んで良かったかな、と。
(プレステージの小鳥のトリックは、完璧にトラウマになったし)

19世紀のウィーンという設定で、なんとなくぼやけた視界や馬車がカパカパいく風景は結構好きです。はい。

複線も丁寧に張られていて、それなりに楽しめる1本。

■面白度 : ★★★☆
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■幻影師アイゼンハイム(The Illusionist)
■製作 : 2006年/アメリカ・チェコ/109min
■監督 : ニール・バーガー
■出演 : エドワード・ノートン/ポール・ジアマッティ/
 ジェシカ・ビール/ルーファス・シーウェル
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム。
ある日、彼の評判を聞きつけた皇太子レオポルドが、婚約者のソフィを連れて彼のショーを観覧。
しかし、アイゼンハイムとソフィの間には、幼い日に身分の違いが原因で引き裂かれた過去があった。
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
ゴーン・ベイビー・ゴーン(GONE BABY GONE)
2008年11月21日 (金) | 編集 |

ゴーン・ベイビー・ゴーン

■ゴーン・ベイビー・ゴーンの感想?
ベン・アフレックの初監督作品。
原作は、デニス・レヘイン。
正直、ミスティック・リバーの後味の悪さは、ここ数年でもトップクラスに残るくらいイヤ~な感じで、どうしようかなーとビビリながらの鑑賞だったんだけど。
良いんじゃないの、コレは。
勿論、色々と考え込んじゃうんだけどさ。

パトリックの選択は正しかったんだろうか。
すんなりと正しいと言うのは、正直言って難しい。
アルコールとドラッグ中毒の母親は、完璧に母親失格な訳で。
育った環境だから仕方ない、で片付けてしまうなら、警察に通報するべきじゃなかったんだろうなーと。
刑事さんたちの考え方も理解はできるものの、微妙だし・・・。
同じ犯罪でも、子供が絡むと刑が重くなるのってなんでなんだろう?っていつも疑問に思っちゃうのは、私が子供を持ったことがないからなんでしょうか。
それに、たとえ犯罪者が相手だったとしても、一般の探偵が後から撃つのはOKなのか?
刑事だったとしても、えーって思っちゃうところだけど。

どっちを選択しても後悔しそうなパトリック。
女の子が大人になってからも、答えなんて出ない気がするんだけどねー。

グルグルと考え込んでしまう1本。

■面白度 : ★★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■ゴーン・ベイビー・ゴーン(GONE BABY GONE)
■製作 : 2007年/アメリカ/114min
■監督 : ベン・アフレック
■出演 : ケイシー・アフレック/ミシェル・モナハン/モーガン・フリーマン
 エド・ハリス/ジョン・アシュトン/エイミー・ライアン
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
パトリックとアンジーは、ボストンで私立探偵として働く幼なじみのカップル。
ある日、4歳の少女アマンダが誘拐される事件が発生し、その3日後、警察の捜査に限界を感じたアマンダの叔母夫婦が、街の裏側に精通するパトリックたちのもとに捜索依頼に現われる。
誘拐事件では自分たちの出る幕はないと、あまり気の進まないままアマンダの行方を調べ始めるパトリックとアンジーだったが…。
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
エマ_ジェイン・オースティン・コレクション(emma)
2008年11月17日 (月) | 編集 |

エマ

■エマの感想?
これは映画じゃなくて、テレビドラマだそうです。
ジェイン・オースティンの読書会を見て、高慢と偏見以外のオースティンも見てみたいなーと。
で、前からタイトルだけは知っていたエマを借りてみた。
本当なら、本を読むべきなんだろうけど・・・。

なんてこった!
エマってば、17歳なのね。(見終わってから知ったよ)
正直言って、エマの思いつきだけが原動力みたいなキューピッドは迷惑以外の何ものでもない。
なーんて苛々しながら見てたけど、それなりにウワテな人もいたりして。
17歳ならしかたないか、って気にもなったりします。(今ならね)
が、ナイトリー、エマが赤ちゃんの時に抱っこしたことがあるって、一体、彼は幾つなの?
まぁ、皆、まぁるく収まって良かったんじゃないのーってことで、オースティン祭は終了します。(早っ)

鼻持ちならない牧師が、石原 良純に見えて仕方なかったw

原作本を読むかどうか悩み中な1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■エマ_ジェイン・オースティン・コレクション(emma)
■製作 : 1997年/イギリス/107min
■監督 : ディアムイド・ローレンス
■出演 : ケイト・ベッキンセイル/マーク・ストロング/レイ・クルサード
 バーナード・ヘプトン/サマンサ・ボンド/ジェームズ・ヘイゼルダイン/ドミニク・ローワン
■場所 : DVD(自宅)

■あらすじ
他人の恋愛に首を突っ込んでは喜劇的で悲惨な結果に終わらせてばかりいる17歳の美少女・エマ。
だが、自分の恋愛のことになるとてんで不器用で…。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
ジェイン・オースティンの読書会(THE JANE AUSTEN BOOK CLUB)
2008年11月14日 (金) | 編集 |

ジェイン・オースティンの読書会

■ジェイン・オースティンの読書会の感想?
読書会っていう習慣は日本にあるのかな~?

最初はね、高校教師のプルーディだっけ?は、絶対傍にいてほしくない!ってくらい苦手なタイプだと思ってイラついたんだけど。
メインの登場人物皆がちょっとずつオースティンの登場人物と被る性格だったりするんだと思えば面白い。

オースティンは高慢と偏見しか読んだことない私ですが・・・。
でもってどっちかと言うと、ジェーン・エアの方が好きな私ですが・・・。
それでも思わず、読書会で語られるあらすじやキャラ設定にワクワクして、ついついオースティンの他の作品も読んでみたくなっちゃいましたとも。
読んでいれば、読書会のたびにポンポン飛び出す登場人物たちの討論に、「うんうん」とか「えー、それは違うでしょ」とか突っ込みを入れて楽しめたかもしれない。

何はともあれ、ロマンティック万歳!
結婚後が書かれなくたって良いぢゃないか。うん。
いくつかのカップルが、紆余曲折の末にラストは皆がハッピーに。

久し振りに読書がしたくなった1本。

■面白度 : ★★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■ジェイン・オースティンの読書会(THE JANE AUSTEN BOOK CLUB)
■製作 : 2007年/アメリカ/105min
■監督 : ロビン・スウィコード
■出演 : キャシー・ベイカー/マリア・ベロ/エミリー・ブラント
 エイミー・ブレネマン/ヒュー・ダンシー/マギー・グレイス
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
最愛の犬を亡くしたブリーダーのジョスリンを元気づけるために、親友のバーナデットが提案したのは“人生の解毒剤”といって愛読するジェイン・オースティンの小説を論じる読書会。
恋に踏み込めない独身主義のジョスリン、夫との価値観の違いに悩むプルーディなど、実は会のメンバーたちは複雑な悩みを抱えていた。
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
JUNO/ジュノ(JUNO)
2008年11月13日 (木) | 編集 |

ジュノ

■ジュノの感想?
なんだかなー。
一言で言うと、それで良いの?って気分。

好奇心とか退屈とか理由は色々あるらしいけれど、1回の結果が妊娠。
で、ソレに対する受け止め方があっけらかんとして過ぎ?
本人もだけど両親も。
日本じゃ絶対ありえないだろうなーと思うんだけど。
養子に出すってことに。

相手の夫婦も子供が欲しいって触れ込みだったのに、結局は旦那さんの方が躊躇しちゃうし。
それでも縁組って成立しちゃうもんなんだねー。

ジュノの性格をピュアと言えば聞こえは良いかもしれないけれど、その一言で片付けちゃうのはちょっと嫌。
結局、人間はいくつになってもお子様なのねー。

愛情があちこちに溢れていそうなのに、温かい気持ちにはなれなかった1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■JUNO/ジュノ(JUNO)
■製作 : 2007年/アメリカ/96min
■監督 : ジェイソン・ライトマン
■出演 : エレン・ペイジ/マイケル・セラ/ジェニファー・ガーナー
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
パンクとホラーが好きなクールな女子高生ジュノは、親友ブリーカーとの興味本位にセックスをして妊娠してしまう。
中絶を思いとどまったジュノは友だちのリアに協力してもらい、養子を希望している夫婦を探すことに。
理想的な夫婦を見つけ、会いに行ったジュノだったが……。
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
悪女(Vanity Fair)
2008年11月07日 (金) | 編集 |

悪女

■悪女の感想?
日本では未公開だったらしいです。
なんだか、BBCのドラマを見ているような感じ。
嫌いじゃないけどね。
衣装とかセットとか、凄く丁寧につくられていました。

ベッキーは別に悪女ではない。
彼女なりに夫を愛していて、だけど、上流階級への憧れっていうか、願望が強かった。
でもって、大抵、このテの人は鼻つまみ者になっちゃうんだよね~。
彼女に振り回される男達こそ不幸だろうっておもうんだけど、この場合は、ローディだけだし。
この夫婦の破綻は、コミュ不足の一言で片付いちゃいそうな気がしないでもないし。
それより、ドビンだろうなー。
男の純愛もここまでくれば天晴れってなもので。
アミーリアのほうが、へたすりゃ悪女だよ、な天然振り。

とりあえず、何事もほどほどが一番幸せなんじゃないかな、と実感する1本。

■面白度 : ★★★
ブログランキング参加中♪参考になったら、クリックお願いします!
***********************
■悪女(Vanity Fair)
■製作 : 2004年/アメリカ・イギリス/141min
■監督 : ミーラー・ナーイル
■出演 : リース・ウィザースプーン/ガブリエル・バーン/リス・エヴァンス
■場所 : 自宅(DVD)

■あらすじ
19世紀のイギリスを舞台に、孤児となったヒロインが美貌と知略を巧みに駆使して憧れの上流社会へのし上がっていく、サッカレーの「虚栄の市」を映画化した文芸ドラマ。
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。